2017.03.27

恥の基準が低くなっている!?恋ナシ期間が長い女子、5つのチェックポイント

長いこと恋愛をしていないと、異性の目も気にしなくなりがち。ムダ毛を生やしっぱなしにしてしまったり、メイクを適当にしてしまったりとズボラ化してしまう人もいるのではないでしょうか?こうなると、いざ好きな人ができたときに、女子力が低くて失敗してしまいがちです。もしかしたら、恋をしていない期間に恥の基準が低くなっているかも…?ここでは、恋ナシ期間が長い女子にありがちな恥ずかしいポイントをご紹介します。

■最後にヘアカラーしたの、いつ?

「この前、合コンに髪の毛がプリンの状態のまま放置している子がドン引き。根元3センチくらいが黒くて、あとは茶髪。顔は可愛いだけにがっかりだった」(20代/広告)

髪の毛の根元、数センチならわからないよね…と思いがちですが、実は男性は見ています。さらさらの髪の毛はモテ女子の象徴であるように、プリンになっていない髪の毛はモテに必須なのです。

■ダマダマのセーターは非モテ服

「コートの袖口が汚れていたり、ニットの毛玉をそのままにしている子にはたいてい彼氏がいない。出会いの場で男漁りするよりも先にやることがあるんじゃないかなと思う」(20代/公務員)

「面倒くさいから」とついコートをクリーニングに出していなかったり、「もったいないから」と毛玉のついたニットを着ていたりすると、貧乏くさいガサツな女性だと思われます。細やかなところにまで目の行き届く恥の基準を取り戻すためにも、きちんと着るものはチェックしましょう。

■「きれいな手」に惹かれる男は多い

「爪を伸ばしっぱなしにしていたり、、爪の間が汚れてたり、ささくれが目立っていたりケアしていない指先の子は恋愛していないイメージ。手が荒れてガサガサしている子も恋愛対象外になるなぁ」(20代/IT)

彼氏がいる女性たちは、共通して「つなぎたくなる手」をしています。ハンドクリームでケアをしていたり、ジェルネイルをしていたりと綺麗な手の女性は彼氏もできやすいもの。ガサガサの手をしているようでは「この子ずっと彼氏いないんだろうな」と思われるでしょう。「仕事の都合でネイルができない」という方も多いでしょうが、少なくとも清潔感はキープしておきたいですね。

■「ジャマだからとりあえず」まとめてるだけ?

「髪の毛をシュシュでひとつにまとめてる子は、だいたい地味でセンスがない。女子力低いなぁって思います。シュシュって結構前に流行ったものだしぶっちゃけダサい」(20代/学生)

時代遅れのシュシュ、まだ使っていませんか?AKB48のヒット曲『ポニーテールとシュシュ』が流行ったのは2011年のこと。もう6年も前の曲なのです。そのシュシュを今も使っている女子は要注意。結構ダサいと思われているかもしれません。ボサボサの髪をごまかそうとシュシュでまとめても、悪化するだけです。

■靴のかかとは他人のほうが見ている

「スニーカーの底が擦り切れてたり、ヒールのかかとが傷ついたりしてる子は長いこと彼氏がいなさそうだなって思う。どんなに着飾ってても足元は目立つ」(20代/不動産)

意外と目につきにくい靴の底。油断しているとチェックされて恥ずかしい思いをすることに。特に、駅の階段やエスカレーターでは靴の底に目が行きます。出かける前に靴の状態をチェックする習慣を身につけましょう。

おわりに

恋愛をしたいなら、恋愛モードにスイッチを切り替えることが大切です。そのためにも、自分の恥の基準が低くなっていないか、今一度考えてみたいところですね!(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事