2017.03.30

口先だけの小さい男!「自称・仕事できる男」の言動

仕事ができる男子ってかっこいいですよね。でも中には、本当は仕事ができないのにできると言い張っている男子がいるのです。
そこで今回は、男子が指摘する「自称仕事のできる男」の言動をご紹介します。

1.聞いてもいないのに功績語り

「聞いてないのに自分の自慢話ばかりする人は、普段人から認められてない。だから、認めて欲しくて『俺ってすごくね?』って感じでペラペラしゃべっているだけ。本当に仕事のできる男は自慢話しなくても、すでに周りから賞賛されているから謙虚だよ」(29歳/広告)

彼が仕事の自慢話ばかりする場合は要注意。男子に免疫がない女子や素直な女子は「わー♡彼ってすごいんだなー」と尊敬してしまうでしょうが、聞いてもいないのに自分から自慢する場合は、自称仕事ができる人の可能性高し。もしかしたら内容も2割り増しで話しているかも…。

2.「要は」って言う割に話がまとまっていない

「口癖のように『要は』って言う上司が数人いるが、結局話まとまってないし、そういう人に限って後輩から大して慕われてない。『要は』というなら要点まとめて簡潔に言え」(30歳/IT)

「要は」で会話をさえぎって、人の話をまとめたがる人っていますよね。口癖で言っていることも多いのでしょうが、「自分は会話を理解している」といったアピールにすぎないこともあります。うまく話がまとめられていないようなら、仕事ができない可能性ありかも・・・。

3.忙しいアピールをする

「週末みんなでバーベキューをすることになり、仲間はずれにされたと後から言われるのも嫌なので念のため上司に声かけたら『お前らそんな時間あっていいな。俺は仕事だよ』と。しっかり息抜きできない男って仕事できない人多いよ、マジで」(29歳/営業)

たしかに、忙しい忙しいと呪文のように言っている男子に限って要領が悪いだけのような…。「忙しい」と言ってそんな自分に満足しているだけかもしれませんね。仕事のできる男子は、自分から「仕事のタスク管理ができていません」ともとれる発言はしないものですよ。

4.職場の中心は自分だと思っている

「インフルエンザになったから休みと同僚から電話が入り、『〇〇さんじゃアレはできないし、今日までに△△しないといけないし…俺がいないとその部署回らないじゃん? やっぱ出勤しようかな…』と言ってたけど、その人がいない方が部署は平和だし、みんなの仕事の効率上がっている気がする」(28歳/広告)

自分の力量を過信しすぎるのも仕事ができない男性の特徴のひとつ。そもそも、自分がいないと会社が回らない状況って、リスク管理がなってないですよね。それを踏まえても、おそらくこんな彼は仕事ができないでしょう。ましてや、インフルエンザでこられたらみんなが困るので絶対来ないでね!って感じです・・・。

5.会社の批判・社員のグチばかり

「仕事ができない人に限って会社の批判、上司や後輩の批判がすごい。そんなに会社が嫌なら転職すればいいじゃんと思うが転職しないで会社にしがみついている」(28歳/証券)

誰にだってグチのひとつくらいありますよね。だたし、毎日のようにグチを言っていては周りも『またかよ…』とうんざり…。自分で状況を変えようとしないのに文句ばかり言う人は、口だけで仕事ができないに違いありません。

おわりに

少々痛い“自称仕事できる男”。彼がこんな男性だと、ちょっと恥ずかしいからやめて…というのが女子の本音でしょう。本当に仕事ができる男子はこんなはずないですから、しっかり彼の動向をチェックしておきましょうね。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事