2017.04.10

ふとした時こそ感じる愛。男子が彼女に「愛されているな」と思うとき

大事な彼から愛されたいと思うのは当然のこと。男子も同じで、大好きな彼女に愛されたいと思っています。彼にあなたの愛をしっかりと感じさせられれば、関係も長いものになるはずですよ!今回は男子が「彼女に愛されているなぁ」と思う瞬間を紹介。意外にもふとした時に愛を感じているようですよ。

1.寝ぼけながらも布団かけてくれたとき

「一緒に寝ているとき、布団からはみ出ている俺に寝ぼけながらも布団かけてくれた。無意識でもちゃんと俺のこと思ってくれているんだなーと感心した」(28歳/男性/金融)

無意識なときって、本当に心の底から考えていることしか出てこないですよね。寝ぼけながらもでも気遣ってもらえると、本当に愛されているんだなぁと感じてくれるんだとか。また、布団をかけるという動作はなんだか家庭的で、母性を感じさせることもできますよ。

2.人前でもためらわずスキンシップしてきたとき

「公共の場でもあまりためらわず、抱きついたりキスしてくるとき。はじめはすごく恥ずかしかったけど、今は慣れたしくっついてくれることが嬉しい」(29歳/男性/不動産)

彼女に甘えられて嫌な男子って少ないです。甘え下手な女子もいるかもしれませんが、デートの時くらい思いっきり甘えましょう。彼女が、人前でも気にならないほど愛してくれているんだとわかれば、彼だって「愛されている」と感じますし、甘えやすいですよ。

3.のろけていると耳にしたとき

「彼女の友達から、『女子会で俺のことについて楽しそうにのろけていた』と聞いて、愛されてるなぁとなんか安心しました」(27歳/男性/建築)

自分の知らないところで彼女がのろけていたと知ったら普通に嬉しいですよ!! 彼の前で媚びを売るためではなく、本心から言っていることが伝わりますよね。彼のいないところでのろけることを恥ずかしがらずに、気持ちを語っちゃいましょう。

4.手作りのプレゼントをもらったとき

「誕生日にプレゼントとして財布をもらったんだけど、それとは別に小さめの本をもらった。『家に帰ってたら見てね』と言われ帰って開いたら、今までのふたりの写真をたくさん貼ってあって。最後のページに誕生日おめでとうと、これからもよろしくってメッセージが書いてあって涙腺緩むほど感動」(31歳/男性/営業)

お高いお財布も喜んではもらえるでしょうが、自分のために時間をかけてアルバムを作っていてくれたと知ったら彼はもっと嬉しいでしょう。だってふたりの思い出はお金で買えないですから! しかも最後のページに手書きのメッセージ、彼はきっと心温まったはず。手作りのプレゼントは愛を伝えるのにピッタリですね!

5.一番に心配してくれたとき

「入院したときに一番初めに病室に来てくれたのが、両親ではなく彼女だった。すごい不安そうな顔で飛びついてきた時は、俺って愛されているんだなと思った」(30歳/男性/IT)

いざという時に一番に動いてくれるなんて頼もしいですし、誰よりも思いが強いことが伝わりますね。弱っている時にそばにいてくれる彼女となら、彼だって愛おしく感じてしょうがないはずです。ずっと一緒にいたいとも思えるかも。

おわりに

ふとした瞬間に「愛されているなぁ」と感じると、余計に愛おしく思うし、もっと大事にしたいと思えますよね。ふたりの絆を強くするためにも、愛情表現は大事ですよ。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事