2017.04.17

マンネリ、別れ…。「魔の交際3ヶ月目」を乗り切るための恋愛ルール

付き合っても長続きしない……と嘆く女性に多いのが「3ヶ月以上続かない」というパターンではないでしょうか。1ヶ月は持っても、3ヶ月くらいでダメになって別れてしまう。新鮮な気持ちが薄れてお互いのアラが見えてくるタイミングである「魔の交際3ヶ月目」を乗り切るにはどうしたら良いのでしょうか。元女探偵の筆者が見てきたケースをもとに、長続きのポイントについて解説します。

彼からの連絡が減っても気にしないこと!

男性は恋愛も狩猟本能によって突き動かされる部分が多いもの。そのため、彼の気持ちは「手に入れる」までがピーク。そこから気持ちは下降気味です。いっぽうで女性は体の関係を持ってから相手のことをどんどん好きになる傾向があります。そんなお互いの気持ちの強さが入れ替わるのがちょうど3ヶ月目くらいになるカップルが多いのです。

ただし、彼からの連絡の頻度が減ったとしても不安に感じる必要はありません。連絡を無視したりするわけでなければ全然気にしなくてOK。そこで不安になって騒ぎ立てると「別れよっか」と言われてしまう可能性もあるので、連絡の頻度はあまり気にしないことが大事ですよ。

同棲は危険と心得て

付き合ってすぐのときから一緒に住み始めたり、お互いの家に入り浸って半同棲状態になったりしていませんか?。ほとんど毎日一緒にいるようなお付き合いをしていると、3ヶ月も経つと飽きてきます。

あえて土日は別に過ごしたり、会う頻度を減らしてみるとマンネリが避けられ、彼と会える喜びがアップしますよ。

「待つ女」にならない

付き合いが安定してくると、彼はデートより友達と遊ぶことや趣味を優先させる日も出てくるかもしれません。「私は毎日でも会いたいのに」と彼のことばかり考えていると「重い女」になってしまいます。それよりは「俺と会っていない間何してるんだろう?」と思わせるくらいミステリアスな女性のほうが飽きられません。

生活が彼一色になってしまわないように、自分も友達と遊んだり新しい趣味を始めてみるなど、彼以外の楽しみも増やしてみてくださいね。

共通の趣味を作る

付き合い始めのころに比べて、話すネタがなくなってきたなあ……と感じたら要注意。2人で一緒にいてお互いがスマホばかり見ているようだとこの先は長続きしないかもしれません。会話が減ったなあと思ったら、彼と一緒に何かを始めてみましょう。難しいことではなく、一緒にするゲームなどでも何でも良いので、共通の趣味を作るのがおすすめです。そのさいは、自分よりも彼が得意なものを始めるのがオススメ。彼のデキる姿を見ることで、改めて彼に惚れ直す効果があるからです。季節的にも春は何か新しいことを始めるのにぴったりの気分ではないでしょうか。

おわりに

「彼が前より優しくない」と感じたとしても、それは誰にでもあることで普通のことなんだと思えばあまり気にならないはず。友達や趣味を優先させるのは、彼女に気を許しているからこその行動だといえます。広い心で構えて、気にしすぎないのが恋愛を長続きさせるポイントですよ。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事