2017.04.26

会話に取り入れて魅力アップ!男性をドキッとさせるしゃべり方

気になる彼に好きになってもらいたい!そんなときには、ダイエットをはじめたり、ファッションやメイクを勉強してかわいくなろうと努力したり。そんな中、意外と見落としがちなのが喋り方です。

「話す」という行為が距離を縮めるのに大切なだけでなく、そのときの喋り方も重要なポイント。ちょっと工夫をするだけで彼をドキドキさせたり、心地いいと思わせたりすることができるのです。あなたも喋り方のコツを覚えて、気になる彼をドキドキさせてあげましょう。

●彼の名前をたくさん呼ぶ!

好きな人と会話をしているとき、ふいに名前を呼ばれてドキドキした経験のある方も多いはず。実はこれ、男子も同じです。名前は自分の象徴ですから、会話の中で自分の名前を呼ばれることが多いと、自然に相手を近い存在に感じるようになるのです。

言うだけでいいのですから、使わない手はありません。ほんのすこし勇気を出して、会話の中で、できるだけたくさん彼の名前を呼んでみましょう。

●ゆっくりとしたテンポで話す!

地域性や性格によって話すスピードは人それぞれ。ですが、おすすめなのが、ゆっくりとしたテンポで話すことです。

ゆっくりとしたテンポで話すと、話している自分自身だけでなく聞いている方も自然とリラックスでき、彼を、心地いいなと感じさせることができるのです。そしてもうひとつ、早口とゆっくり話すのと、どちらに色気を感じるでしょう?後者であることは歴然ですよね。

●ワントーン高めの声が効果的!

誰かと話しているときや、テレビで芸能人が話している声を聞いたときに「この人、いい声だな~」と思ったことはありませんか?声に対して好感を持つ背景には、声の好みもありますが、もうひとつ秘密があります。

それは声のトーン。女子は男子の少し低めのトーンを、男子は女子の少し高めのトーンを心地いいと感じやすい傾向にあるのです。そのため、彼をドキドキさせたいなら、普段よりワントーン高めの声で話すのが◎。

声を作って話すと、「キャラ作りでもしているのかな?」と思われてしまいまうので、あくまでもほんの少し高めを意識してみましょう。

●大切な話は、あえて声のトーンを落とす

男子は、女子の少し高めのトーンに魅力を感じやすいことをご紹介しましたが、この方法と合わせて使うと、より効果的な方法があります。それは、大切なことを伝えるときに、あえて声のトーンを落とすこと。

トーンが少し変わるだけで、相手は自然と「なにがあったんだろう?」と集中して聞きますし、話の内容がとても大切なことに感じられます。

ですから、会話の途中で告白をするときやアピールをするときには、この方法がぴったり。シュチュエーションで使い別けて、上手に彼の気持ちを刺激していきましょう。

●おわりに

会話は、お互いの中を深めたり、好感度を高めたりするために大きな役割を担っています。会話の内容も大切ですが、喋り方だって同じくらい重要!

彼に向かって話す、そっと彼の耳元で話す、電話で彼と話す…シーンに応じて、喋り方のコツを実践してみてください。きっといまよりもずっと、お近づきになれるはずですよ。(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事