2017.04.30

破局は目の前!?こんなデートのカップルは「愛が冷めはじめてます」

デートは彼とふたりで愛を育む時間。しかし、付き合いたてはあんなにも待ち遠しかったデートが「最近あんまり楽しくないかも…」となってはいませんか?彼とのデートが楽しめないのは、ふたりの愛が冷めはじめている証拠かもしれません。そこで今回は、冷めはじめカップルがやりがちなデートの特徴をご紹介します。心当たりがあるあなたは、彼との関係を見直すきっかけにしてみてくださいね。

1.お家デートばかりしている

以前は流行のスポットやイベントに行っていたのに、付き合いが長くなるにつれて、いつの間にかお家デートばかりになっていませんか?ある程度デートスポットを行き尽くしてしまうとネタ切れになってしまうものですが、好きな相手とのデートなら何とか行き先ややりたいことを振り絞って盛り上げようとするもの。お互いにデート内容を考えるのが面倒くさくなってお家デートばかりになってしまっている場合、ふたりの愛はもう冷めて始めているのかもしれません。

2.一緒にいてもスマホばかりいじる

せっかくふたりでデートをしているのに、お互いにスマホばかりいじっているカップルも要注意。ふたりの時間を大事にする愛のあるカップルなら、デート中にスマホなんて気にならないはず。スマホをいじってしまうのは一緒にいても楽しくない、間がもたないという気持ちの表れなんです。せっかくのデートでは、彼との会話を楽しみたいものですね。

3.ふたりきりが減る

カップルのデートと言えばふたりで過ごすのがほとんどですが、気分転換に友達と一緒に過ごす大人数デートやダブルデートをすることもあるでしょう。しかし、ふたりきりのデートをほとんどしなくなってしまったり、デートの最中「〇〇呼ぶ?」と友達を呼んでしまっていませんか?友達を巻き込もうとするのは、ふたりきりでいることに気まずさを感じたり、楽しさを見いだせていない証拠。たまには友達を交えて遊ぶのもいいのですが、カップルならふたりきりの時間を大切にしたいですね。

4.暇つぶしになっている

せっかくふたりの時間を合わせてデートをしているのに、「次の予定があるから」と、その後の予定を気にしていたらデートを心から楽しめませんよね。このようにデートもそこそこにして、他の予定を入れてしまうのは、愛が冷め始め、恋人の優先順位が下がり始めている証拠だと言えるでしょう。お互いにとってデートが都合のいい暇つぶしになっていないか、今一度見直してみましょう。

ふたりの関係を見直して

彼とのデートで当てはまる部分あったあなたは、お互いの気持ちや彼との関係を見直した方がいいのかも。好きだと思いこんでいたけど、いつの間にか気持ちが変わってしまっている場合も。まずは彼とのデートを振り返りつつ、自分の気持ちを整理してみましょう。(sa_ko/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事