2017.05.02

最低限ここだけは。幸せな結婚のために絞っておきたい「恋人の条件」

将来は結婚して幸せな家庭を築きたいと思っている女性も多いはず。
そのためには付き合う段階から、男性をしっかり吟味しておく必要があります。
そこで今回は「幸せな結婚をするためにいまから絞っておくべき恋人の条件」を20代女性の意見とともにご紹介します。

1. 容姿の条件はひとつだけに

「私は目が一重なのがコンプレックスだったので、旦那になる人には絶対二重であることを望んでいた。おかげで子どもは旦那に似て、クリクリした目をしています」(27歳/主婦)

見た目も良くて内面もカッコいい男性を探すのはかなり難しいもの。でも結婚となると子どもが生まれることも考えるでしょうし、ずっと一緒にいると思えば、さすがに「ここがイヤ」と思うルックスの相手は厳しいですよね。とはいえ、あまりにも細かい条件をあげると、せっかく相性の良かった人でさえ、取りこぼしてしまうことに。ここは、「結婚相手に求める容姿の条件」はひとつだけに絞っておきましょう。「背が高い人が良い」「目が二重の人が良い」「鼻が高い人が良い」など、ここだけは譲れないポイントを決めておけば、未来の旦那となる恋人選びへの幅も広がるはずですよ。

2. 金銭面がしっかりしている

「彼は良い人なんだけれど、いつも仕事だけが続かない…。結婚も視野に入れていたけれどそれが原因で3年半で別れました」(27歳/事務)

「愛があればほかには何もいらない!」なんて思っていたとしても、現実にはお金がないと生活できないもの。玉の輿を狙いすぎる必要はありませんが、相手がちゃんと職に就いていることは結婚する上で大事なことでしょう。またお金が入ってもすぐに散財してしまう彼にも要注意。彼の仕事と金銭感覚は、あらかじめ知っておきましょうね。

3. 何かあったときにきちんと話し合いができる

「婚約までしていた彼だったんだけど、実は私に何の相談もなく仲間と起業していたことが発覚。そんな大事なことも話し合いできないようじゃこれから一緒に生きていくのは無理だと思って別れました」(29歳/化粧品関係)

長い結婚生活、ふたりで困難を乗り越えていかなければならないこともたくさんあるでしょう。それなのに何かあったときに話し合いもせず、自分だけで決められてしまっては、彼への信頼もなくなってしまいますよね。彼がしっかり相談や報告をしてくれるタイプかどうか、そして、自分が相談したときに真摯に対応してくれるかも調べておく必要があるでしょう。

4.食の好みが合うか

「元カレとは食の好みが全く合わなくて、ケンカになったこともしばしば…。でもいまの彼は基本好き嫌いがないので、私の料理もバクバク食べてくれます!」(25歳/公務員)

一生懸命作った料理を「俺これキライだから」「あんまりおいしくないね…」とバッサリ切られてしまったら、何だかやるせない気持ちになってしまいますよね。毎日の生活において、食事は切っても切り離せないもの。だからこそ彼の食の好みに関しても、結婚の条件に入れておいたほうが良さそうですね。

おわりに

「結婚したら変わるから」という男性は、たいてい「子どもが生まれたら変わるから」と言います。そして子どもが生まれたとしてもクセや短所は直らず、同じことを繰り返す場合がほとんどです。だからこそいまのうちから慎重になって、恋人への最低条件を絞っておきましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事