2017.05.12

3年越えカップルに聞いた「マンネリしないデートのルール」

こんにちは、コラムニストの愛子です!

付き合いが長くなるにつれ、デートがマンネリ化してしまうカップルは多いと思います。一緒にいても楽しくなくなり、別れにつながってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、3年以上同じパートナーと付き合っている男女に、マンネリしないデートのルールを聞いてきました!

1.ふたりのお気に入りの場所をつくる

「彼女とは学生時代からの付き合い。付き合ったばかりの頃に動物園に行ったんだけど、そこのゾウが可愛くて、毎年会いに行っている。そうやって定期的に行けるふたりのお気に入りの場所をつくると、新鮮なデートをしなくても飽きることがなくていいよ」(29歳/男性/保険)

行く場所がなくて、仕方なく同じようなデートを繰り返していると飽きてしまうもの。
でも、あえて何度でも行きたいと思う場所があれば、飽きずにデートを楽しめるはず。最初は色んなところへ出掛けて、ふたりの「お気に入りの場所」を見付けましょう!それが見付かれば、定期的にそこへ行くのもいいと思います。

動物園や水族館のように「あの動物(魚)に会いにいく」と決められるような場所でもいいですし、公園やお寺など、四季折々の風景が楽しめるところへ、季節ごとに行くのもいいのではないでしょうか。

2.家デートを定番にする

「家デートのいいところは、特別なことをしなくてもいいってこと。ふたりでDVDを観たり、ゴロゴロしたり、ご飯作ったりするのが心地いい。ただ一緒にいられるだけで幸せって感じられるようになれば、飽きることはないと思う」(28歳/男性/貿易)

毎回どこかへ出かけていると、付き合いが長くなるにつれ行く場所が尽きてきます。好きな人とは、一緒に過ごすだけでも本当は幸せなはず。家デートは、誰の目も気にせずイチャイチャできるし、お金も遣わなくていいし、定番化させるにはおすすめのデートです。それに、日常生活を一緒に送るって仲を深めるには1番良い方法かもしれません。DVDを見たり、ゲームをしたりしながらお家でのんびり過ごして、ご飯だけ外に食べに行ったり、たまに旅行したりすれば、マンネリしにくいのではないでしょうか。

3.共通の趣味をつくる

「彼がスマホのゲームにはまっていたから、私もダウンロードしてみたらおもしろかった。今ではふたりで競い合っているよ。共通の趣味があると、飽きることはないからおすすめだよ」(25歳/女性/接客)

一緒に夢中になれることがあると、毎回新鮮なデートをしなくても、飽きることはないでしょう。同じものに熱中することで、彼とさらに仲良くなれると思います。ゲーム、スポーツ、映画、漫画など、どんなことでもいいので、彼と一緒に楽しめることを探してみてください!

4.デート中に次のデートの計画を立てる

「彼と会っているときは、一緒に新しいデートプランを考えることも多いよ。次のデートが目的っていうより、考えることも楽しみの1つって感じ。だから実現しなくても楽しい。スキューバダイビングしようって3年前から言っていて実行できていないけど、そんな計画立てている時間が楽しいんだよね。今年こそはしようねって毎回言っている(笑)」(29歳/女性/美容関係)

次のデートの計画を立てるのも、デートの楽しみ方の1つみたい。こうしよう、ああしようと、楽しい未来を想像しているだけでもワクワクすると思います。実現するかしないかに関わらず、お互いやってみたいことや、行ってみたい場所を言い合うことが楽しいのはもちろん、それについて調べてみたり、準備をしたりという事も楽しめるのがいいですね。

おわりに

常に新鮮なデートを求めていると、限界がくると思います。新鮮さだけに頼っているようでは、同じパートナーと長く付き合っていくのは難しいのかもしれません。それよりも、何度でも繰り返したくなる、お気に入りの定番デートをつくりあげることが大切なようです。それを基盤にして、たまに行ったことのないところへ出掛けてみたり、したことのないことをやってみたりするといいと思います。(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事