2017.05.15

復縁カップルの破局率は5割以上!女探偵が教える「復縁した彼と長続きするコツ」

別れて間もない彼から「やり直そう」と言われたら心が揺らぎますよね。でも、簡単に復縁してしまう前にちょっと待って!実は、復縁しても破局するカップルが半分以上。ヨリを戻して良いお付き合いをするにはコツが必要なのです。そこで今回は、元女探偵の筆者が復縁した彼と長続きするコツについて解説します。

・束縛しすぎない

過去に別れた原因がどちらかの浮気だった場合、信用できなくてつい相手の行動を疑ってしまうかもしれません。でも、疑って相手を束縛し過ぎるとその関係は長続きしません。いくら浮気したほうが悪くても、今は裏切っていないのにいつまでも信用してくれない相手と過ごすのは楽しくないものです。

ヨリを戻す前に「復縁したら過去のことを持ち出さずにいられるかな?」ということはよく考えてみてください。もし、どうしても思い出してしまうようなら復縁にはまだ早すぎると思ったほうがいいでしょう。復縁すると決めたなら、過去の浮気を責めて束縛するのはNGです。その話題には触れないで過ごせるなら長続きするでしょう。

・生活パターンを変える

付き合っていたときにべったり一緒にいすぎたり、逆に休みや生活時間帯が合わなくてなかなか会えていなかったことが別れの理由になっていた場合。これは生活パターンを変えないとまた同じことで別れてしまう可能性が高いです。

デートは夜から会って夜更かししていたのをランチから会うようにする、休日は必ず会っていたのを3回に1回は別々に過ごすなどデートのパターンを色々と考えてみましょう。

・もっと甘える、感情を出す

以前付き合っていたときに不満や本音を言い合えていなかったのであれば、もっと甘えて言いたいことを言い合える関係になれるのが理想です。普段から人に感情を見せるのが苦手だと、彼氏にもなかなか言えないのではないでしょうか。いきなり彼に不満や感情をぶつけるのではなく、小さなことから悩み相談をして聞いてもらって、甘える練習をしていきましょう。

・共通の趣味を増やす

どんなにお互いのことが好きなカップルでも、ただ「好き」という気持ちだけで結びついていると交際期間が長くなってくるとどうしても「飽き」てきてしまいます。そんなカップルにおすすめなのが、共通の趣味を持つこと。共通の趣味があれば話題も増えますし、デートがマンネリになりづらくなる効果も。いつも2人だけでいるよりも、共通の仲間が増えると何かあっても2人の関係を相談する相手もできます。

ただし、女性のほうが自分より上手にできてしまうとプライドが傷つく……と感じる男性は多いので、彼の趣味を彼女が始めるか、新しく2人で何かを始めるのがおすすめです。

おわりに

これだけ地球上に沢山の男女がいるのに、その中から恋に落ちて付き合って、別れてもまたヨリを戻すなんてよっぽどご縁の深い相手であることは間違いありません。同じ別れを繰り返さないように、以前とは違う付き合い方で長続きするように意識してみてくださいね。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事