2017.07.04

あんなにラブラブだったのに?破局しやすいカップルの共通点

こんにちは、コラムニストの愛子です!

周りから見てラブラブだと思っていたカップルが、早々と分かれていた…なんてこと、結構ありますよね。実際に、自分自身が「付き合っても長く続かない」という女性も多いのでは?そんな経験があると、新しく彼氏ができても、また続かないんじゃないかと不安になりますよね。 

そこで今回は、いつも彼氏と長続きしない女性たちに、交際パターンを聞いてきました。反面教師にすることで、今度こそ長~く続く恋ができるかも!

1.ケンカしたことがない

「今まで付き合った人と、ちゃんとケンカしたことがない。周りからは、仲いいねって言われていたけど、お互いに遠慮して本音をぶつけられなかっただけかも」(24歳/アパレル)

ケンカばかりしているより、いつも穏やかなカップルのほうがラブラブに見えるかもしれません。確かに、ケンカしなくてもお互いにちゃんと本音を言えていれば問題ないでしょう。でも、ケンカを避けるために遠慮して本音が言えないだけならそれは危険。ふたりともストレスが溜まるだけです。
今まで彼氏に遠慮しすぎていた方は、ぜひもっと正直な気持ちを伝えるようにしてみてください。あなたがそうすれば、彼も心を開いて本音をぶつけてくれるはず。たとえケンカになっても、ちゃんと仲直りすれば大丈夫。絆が深まり、ちょっとやそっとでは壊れない関係になれると思います。

2.連絡が遅いと不安

「誰と付き合っても、連絡が遅いと不安。相手もそういうタイプの男性が多かったな。マメに連絡を取り合っているから、友達からは『ラブラブだね』って言われていた」(21歳/接客)

たしかに、マメに連絡を取り合っているカップルって、ラブラブに見えますよね。でもその理由が、連絡が遅いと不安だからなのだとしたら、それは彼氏を信頼していない証。彼もあなたを信頼していないのかも。

何か不安要素があるなら、彼氏とちゃんと話し合いましょう。もし何もないのに、勝手に「連絡がない間に浮気されているんじゃないか?」と心配しているのなら、そんな妄想は止めて、彼を信じてあげてください。そうすれば彼もあなたのことをもっと信頼してくれるはずです。

3.携帯を見せ合いっこしている

「いつも付き合った人とは、定期的に携帯を見せ合いっこするよ。彼氏との間に隠し事はなしって決めているから」(23歳/接客)

携帯も見せ合えるくらいラブラブだと本人たちは思っているようですが、長く付き合っていきたいのなら、もっとお互いのプライバシーを尊重したほうがいいでしょう。相手のことを知りすぎると、面白味がなくなり冷めてしまうことも。知らない部分や踏み込んではいけない領域がある方が、相手への興味も恋心も、長く保つことができるはずですよ。

4.ラブラブ自慢をするのが好き

「人前でイチャイチャしたり、SNSにラブラブ写真を載せたりするのが好き。そういうことを嫌がる男の人もいるって聞くけど、私が今まで付き合ってきた人はみんな、そうでもなかったよ」(21歳/飲食)

恋人のことを自慢に思っているのは、微笑ましいことです。でもあまりにもラブラブ自慢をしたがる人は、恋人のことより、周りから「ラブラブで羨ましい」と思われることが好きなのかも。

親密になるほど、意識は「周りの人」よりも彼自身やふたりの関係に向かうはず。周りの目を気にするより、もっとふたり自身の気持ちに目を向けてみると、もっと関係が深まりますよ。

おわりに

当てはまることはありましたか? 今度こそ彼と末永く幸せでいたいなら、ぜひ参考にしてみてください。(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事