2017.07.11

アナタといるからだよ!「好きな女子の前でしがちな「カッコつけ言動」

男子はとにかく、「カッコつける」生き物です。
とにかくカッコつける。
ぶりっ子な女子は嫌うくせに、自分たちはこれでもかと言うほどカッコつけます。
ただし、「気になる女子」といるときだけね。

男子がこういうときにやりがちな「カッコつけ言動」を知っておけば、そこから男子の自分に対する好意を汲み取ることができますね。
そんなわけで今回は、20代男子30人に「好きな子といるときしがちなカッコつけ」について聞いてみました。


1.店員に威張る

「自分は飲食店で働いてるからわかるんですけど、いい女を連れてる男に限って、店員に対して偉そうなんですよね。『自分は強いんだぞ、頼もしいんだぞ』っていうアピールなんだと思います」(フリーター/24歳)


ありがちですね。「強いオスがモテるはず」という彼らなりの動物としての本能の表れなのかもしれませんが、残念ながら、偉そうに威張ってる人こそ、逆に「こういうところでしか威張れないのかなぁ……」と思ってげんなりしちゃいますよね。

2.「ディール」とか言う


「この前エレベーター乗ってたら、同乗してた男の二人組がいて、途中で美人が乗ってきたんだよ。そしたらその男の片方が「いやぁ、今2000万円のディールやってててさ」とか言い出して、笑いこらえるの必死だった。あんなに露骨なカッコつけってあるんだね」(法律関係/27歳)


これはワロタですね。
でも、たまに「あなたはどうして、そんなに周りが理解しにくいカタカナを使いまくるの?」みたいな男子いますよね。そういう男子は、総じてみんなカッコつけてると覚えておきましょう。

3.奥まった店に連れて行く

「デートのときに、隠れ家的な店に連れてくのも、ありがちなカッコつけだと思います」(出版/24歳)


私もあるなー。「あんまり有名じゃないんだけど、すごくうまい鴨を喰わせる店があるんだよ」とか言って、人気のないところにポツンとある店に連れてかれた経験。チェーン店とかは嫌だけど、別に隠れ家じゃなくて、そこそこポピュラーで、まあまあ混んでて人気のお店に行きたいんですけどね、私たちは。

4.奇抜な服を着る

「学生の頃、思えばデートのとき、今だと恥ずかしいくらい変な服着てたな。カラフルなスニーカーとか、なんかオラついたパーカーとか」(営業/25歳)


これも男子はやりがちですよね。
「どしたその服?」みたいな、奇抜な服装。
これも、「俺は周りとは違うぜ」っていう、自己顕示欲の表れなのかもしれませんね。
服装が変であればあるほど、あなたのことが気になってるというひとつのバロメーターですね。

おわりに

男子の不可解な言動も、「ああ、私のことをそんなに想ってくれてるのね」と思えば、少しは寛容になれますね。
あとは実際に付き合った後に、ズバズバと「それダサいよ」と矯正&更生させていけばよろしいでしょう。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事