2017.07.21

「復縁のきっかけ」はこう作る!元彼への連絡方法・4つ

本当は彼と別れたくなかった…。別れてから彼の存在の大きさに気付いた…。

別れたあとも、こうして彼のことを思うっては、「復縁したい」と感じるのなら、まずはどうやって接点を持つかがポイントです!そこで今回は、一度別れてしまった彼と復縁するための、きっかけ作りについてご紹介していきましょう。

間違ったふりをして電話をかける

「あれ、ごめん間違えてかけちゃった…」間違い電話を装ってのコールなら、言い訳を考えずに電話できます。でも、最終的には間違い電話から復縁話までつなぐことが目的ですから、しっかりとその次の話題を考えてからかけましょう。

沈黙になれば「じゃあ」と電話を切られてしまうかもしれないので要注意。「久しぶりだね~最近元気してる?」と、自然な感じで話を続け、第一声から間髪入れずに、こちらから話題を出していきましょう。

元彼がまだ自分に未練があるかどうかはわからないので、最初から復縁の思いを伝えないように注意して話を進めましょう。

友達になろうと提案する

「せっかくだから、久しぶりに会って話そうよ!」と男友達を誘うような感じで、さらっと提案してみるのも◎。元彼があなたに気がなくても、過去の恋愛として完全にふっきれているなら、またゼロから恋愛をはじめるスタートラインに立つことができます。

ただし、いい別れ方をしていなかったり、彼を傷つけて終わったりしている関係なら話は別。過去のいざこざを全部忘れて「友達になろう」と提案するのは虫が良すぎますので、彼がまだなにか引きずっているようなら、時間を置いてから、再度チャレンジするようにしておきましょう。

彼の友達に協力してもらう

運良く元彼の友達と繋がっているなら、その友達にお願いするというのもひとつの方法。こちらから直接コンタクトを取るよりも、友達を介して連絡するほうが、現在の状況を正確に知ることができます。

ただし彼の友達の場合は、基本的に彼の味方。彼にとって元カノのあなたが不利益だと判断されると、協力してもらうどころか彼との接触の機会も絶たれてしまいかねません。

あなたとの別れについて、友達にだけ本音を伝えている場合もあるので、別れた際の話は慎重に聞きだしましょう。悪いイメージを持っていなさそうであれば、真剣だと思いを伝え、協力を願い出てみてくださいね。

偶然を装い待ち伏せする

電話はつながらない、LINEもブロックされてしまった、そして協力してくれる人もいない。そんな厳しい状況で復縁を実現させたいなら、残された手段は、もう待ち伏せしかありません。

連絡が取れなくなってからすぐに行ってしまうと偶然が装えませんので、最低1ヵ月は時間を置き、彼の自宅や勤務先が変わっていないか、とりあえず偵察してみましょう。ただし、運良く彼の姿が発見できたからといって、すぐに話しかけてはいけません。

自宅や職場近辺に元カノが張っていたなんて、その気のない彼からすれば恐怖そのもの。気付かれないようこっそりあとをつけ、現場から離れた場所まで行って、偶然の再開を装って話しかけてみてくださいね。もちろん、これで彼に嫌がられたら、速攻でやめること!

おわりに

元彼とうまく接触できたあと、復縁を切り出すタイミングは、彼の反応をみてから慎重に決めなければなりません。さっぱりした表情なら、友達から再スタート。別れ際に問題があって怪訝な顔をされたら、まずは過去を清算してから。彼もずっとあなたのことを想ってくれていたなんて可能性もあるので、相手の出方をしっかり伺って、復縁までの作戦をしっかり立てていってくださいね。(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

関連記事