2017.08.15

同級生、合コン…。タイプ別「どうでもいい男性」からLINEが来たときの対処法

好きな人からのLINEを待っているのに、連絡が来る相手はどうでもいい人ばっかり……。
こういうモヤモヤやイラ立ちを抱えている人は多いと思います。
かといって彼らに「もう連絡してこないで!」なんて言えないもの。でも優しくしたらまたしつこく連絡が来そうだし、どう対処したら良いのか困ってしまいますよね。
そこで今回は「どうでもいい男性からLINEが来たときの対処法」について、タイプ別にご紹介していきます。

1.学生時代の同級生→既読スルー

「高校の同級生からいきなり『元気?』と連絡が来た。その後もしつこく『彼氏いるの?』『仕事何してるの?』としつこく質問が来るのでスルーしたら、パッタリ連絡が来なくなりました」(25歳/販売)

同級生ってだけで、彼はあなたに親近感を持っています。だからこそ「嫌だな」と思いつつも相手とダラダラとやり取りをしてしまうと、さらに距離を詰めてきて「今度ふたりで遊びに行こうよ!」なんて展開にもなりかねません。

学生時代の友人は同窓会などがない限り、基本的には顔を合わせることもないはず。だからこそここは関係が壊れることを恐れずに、通常通りの既読スルーを押し通すべき。彼も「もしかして恋人がいたのかな?」と察してくれるはずです。

2.合コン・街コンで知り合った相手→ブロック

「飲み会でなんとなく連絡を交換しただけなのに、次の日起きたら5件くらいLINEが入っていたことがある。初対面なのにそこまでガツガツ来るなんて怖いので、何かある前にブロックしちゃいます」(24歳/受付)

街コンや合コンって、基本的に異性の友人を探しに行く場ではなく、「恋人を見つけに行くところ」ですよね。そのため一度既読スルーをされても、「この子とデートしたい!」と思った以上、男性も返事が来るまで何度もしつこくLINEを送ってしまうみたい。

でもさすがに既読がつかないとなると、「ブロックされた=完全なる脈ナシ」とわかるもの。他に繋がりようもないとなると、気持ちが一気に冷め、もうほかに行こうと決心ができるようです。中途半端に接すると相手に期待を持たせるだけなので、ここはバッサリ切ってしまいましょう。

3.友達でいたい相手→暇なときだけ返す

「私は友達でいたいのに向こうからアタックされたときは、適当に時間を置いて返信してますね。のらりくらりやるのが一番です」(27歳/接客)

ずるい考えと言われればそれまでなのですが「恋人にはするにはムリなんだけれど、男友達としてはそばにいてほしいんだよなぁ~」なんて思ってしまうこともきっとあるはず。

そういう時は深く考えすぎずに、暇なときだけ返すのが◎。逆に分刻みで返信をしてしまうと、彼に脈アリと勘違いされてしまう可能性があります。彼を自分のペースに持っていって、「都合のいい相手」にしちゃうのがベストでしょう。

4.ヤリモク感あふれる人→男性を紹介してもらう

「『今日の夜うち来ない?』って身体目的のLINEが来たら、『そんなことより男紹介してよ!』って送る。大体連絡こなくなります」(26歳/ネイリスト)

LINEから明らかにヤリモクオーラがプンプンしている男性。「お前となんかヤルわけないじゃん!」とイラッときてしまいますが、ここでキレたら負けです。ここはあえて「え~。だったらもっとイイ男紹介してよ!」とわざとほかの人を紹介させるのも方法です。

もちろん彼が別の人を紹介してくれるとは限りませんが、少なくともヤリモク男性のプライドがへし折られるのは確実。エッチができないとわかったら、次から連絡はしてこなくなるでしょう。

おわりに

恋愛対象外な人を片っ端からブロックしていたら、友達がいなくなるのはもちろん、出会いの幅も狭まってしまいます。相手との関係に合わせて、LINEのかわし方も変えていきましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事