2017.08.29

リアクション下手でも大丈夫!「楽しい」を伝えて恋愛上手になるには?

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
モテる女子って、リアクション上手ですよね。自分のプラスの感情をうまく表現して、男子に「喜んでくれて嬉しい!また誘おう!」と思わせるのが得意です。

でも、これが苦手な女子はどうしても恋愛を進めるのが苦手…。
そこで今回は、そんなリアクション下手な女子でも男子にしっかり自己アピールできる方法を考えてみました。

1.フットワークを軽くする

まずは、フットワークを軽くすること。
「○月×日、空いてる?」と遊びや飲み会に誘われたら、「誰が来るの?」「どこに行くの?」を聞く前に「空いてるよ!」を伝えるだけでOKです。
男子って意外と繊細な生き物。声をかけたら快諾してくれる女子の存在は嬉しいものです。
自分から声をかけるのは難しくても、声をかけてもらったときこそ快諾することでアピールしましょう。

どうしても予定があって参加できないときには、「その日は都合が悪くて……△日なら空いてるよ」「また何かあったら誘って!」と空いてる日や、次回の誘いも声をかけてほしいことをしっかりと伝えておくこともお忘れなく。

2.言葉で「楽しかった!」を伝える

みんなで仲良く遊んで解散するとき、必ず「今日は楽しかった!」を伝えましょう。
リアクション苦手女子は、みんなでワイワイしている間もニコニコと笑顔を振りまくようなことはあまりできません。

それゆえ、「あの子、あんまり楽しんでないかも?」と男子は不安になってしまいがち。だからこそ、帰り際に「楽しかった!」と、しっかり言葉で伝えることが大切なのです。

重ねて、バイバイしたあとにもLINEで「今日はありがとう。楽しかったから、また誘ってね」と連絡を入れます。
すると男子は、「女の子を楽しませることができた」と安心するだけでなく、自分に自信を持つことができるので、そう思わせてくれたあなたに対して良い印象を抱くようになるのです。

3.話をしっかり聞いて、次回まで覚えておく

リアクションが苦手な女子は、「マメさ」をウリにするのもオススメ。
みんなで集まって話をしていると、どうしても全ての話を覚えているのは難しいものです。
だからこそ、その場で話したことをしっかり聞いて記憶しておくとアピールできます。
たとえば「駅前においしいワインのお店ができたらしいよ」という話題があれば、次回開催時に「前の飲み会で話題になったお店に行くのも良いね!」と提案したり、「来月、旅行に行くんだ」という人がいれば、次回会ったときに「旅行どうだった?」と話を振ってあげる……ほんのちょっとしたマメさを発揮すれば、「この子は、みんなのことを見てくれてるんだ」と気づいてもらえますよ。

4.特別な日をお祝いする

誕生日はもちろん、ちょっとした特別な日をお祝いできる人でいることも大事です。
楽しいこと・幸せなことをより多く運んでくれる人は、周囲の人をハッピーにしますので、できるだけ多くの特別な日をお祝いしましょう。

たとえば、「○○ちゃんの繁忙期抜けた祝い」「××くんのスマホが新しくなった祝い」など、ちょっとしたことで大丈夫!お祝いも大げさにするのではなく、乾杯のタイミングで声をかけたりするくらいでOKです。
リアクションは他の人に任せて、素敵な雰囲気をつくるキッカケ作りに徹しましょう。

おわりに

リアクション下手でも、自分をアピールできる方法って意外とたくさんあるもの。
自信を持って、自分のできるアピール方法で気になる彼と接近してみては?(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事