2017.09.01

バッサリ!彼ができない言い訳を解決しましょう

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。いま、このコラムを読んでる彼がいない人、「なぜ、彼氏できないの?」と僕が質問したとしましょう。

あなたならどう答えますか?本当は、個別でお答えしてあげたいのですが、そういわけにはいかないので、最も多そうな答えに対して、ビシビシお答えしましょう。

1.「仕事が忙しい」というあなた

よく聞く理由の1つが、仕事が忙しいから。学業が忙しいから。もし、あなたが彼氏が欲しいと少しでも思っているのなら、仕事が忙しい、学業が忙しいのを理由として言うこと自体、逃げてるとしか僕は思えません。

出会いなんて、待っててもやってきませんよ。自分から動かないと。でも「本当に、出会いの場に足を運ぶ時間が無いんです。」という人いるでしょう。

そこは、時間をうまく使うんです。例えば、通勤、通学時間に、音楽を聞くとか、仮眠をとるんじゃなくて、SNSを使ったマッチングアプリだったり、自分のSNSコミュニティを使って、コンタクトをとる努力くらいはできるはずですよ。

2.出会いがない

よく聞く理由のうちの2つめが、出会いが無い。これも、僕から言わせると、単なる言い訳です。

偶然の素敵出会いなんて、ドラマの世界だけの話で、日常のその辺に転がっているわけありません。そんな出会いを信じていたら、時間だけ過ぎ去ってしまいます。

出会いは、確率論です。場数を踏んで踏んで、ようやく1個、2個掴むものです。楽して、素敵な出会いを掴もうなんて、甘い考えを捨てましょう。

もうひとつ、僕が良くないと思っているのが「女子会」です。女子会をに頻繁参加している人は、一旦、女友達と距離をおきましょう。
参加し続ければ、傷のなめ合い、そこでのリア充に酔いしれて、彼氏ができない焦りが緩和されてしまいます。女子会に行く時間があるなら、もっと男性との出会いの場に行くべき。

3.つきあっても長く続かない

3つめのよく聞く理由は、「つきあっても長く続かないですよ」と、つき合う前から、あきらめている人。

正直、そんなモチベーションの女子に男は寄ってきません。まず、過去は過去と割り切ること。そして、長く続かなかった原因を、分析して、二度と同じ過ちを起こさないこと。

例えば、「自分がコミュ力が無いから、彼と話していても会話続かなかった。」としましょう。だったら、コミュ力の高い人を彼を選ぶ基準にすればいいです。
自分を変えるという方法もありますが、自分に合った人を選ぶほうが楽です。過去に失敗したタイプを選ばないこと、それにつきます。

4.元カレが忘れられない

最後は、「昔の彼が忘れらない」という引きずっているパターンです。僕から言わせると、無理に忘れなくていいと思います。
僕も、過去つきあった女性の中で、あの時の子良かったなあなんて、今思うと、いい思い出になってます。だから、無理に忘れる必要はありません。

ただ、視野が狭いですよね。世の中には、何千、何万と男はいるわけです。その中に、元カレを超える男がいるかもです(苦笑)。いや、出会ってないだけで、きっといます。

おわりに

彼氏ができない理由、人それぞれあると思います。大事なのは、他責にしないこと、常に自責の念で考えることです。ほとんどが自分に「都合のいい言い訳」ばかりです。

厳しいようですが、過去は変えられなくても、これからの未来は自分次第で、どうにもでなるわけですから・・・。まずは、自分のマインドから変えてみましょう。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

関連記事