2017.09.03

あと3%「アホなふり」ができれば彼氏ともっとラブラブになれる

彼氏とイマイチうまくいっていない人は、ガチで「どうすればうまくいくのか」を考えるより、ちょっとアホなふりをして、のほほ~んと暮らしていたほうが、まだうまくいくかもしれません。

■男性脳と女性脳

よくネットの恋愛コラムに「男女のちがい」に関するコラムが掲載されます。そういうことを書いてある本も、本屋さんや古本屋さんにたくさんあります。

「彼女の相談に結論を出したがる男、ただ話を聞いてもらいたいだけで結論などほしがっていない女」というかんじで、男女のちがい、引いては男性脳と女性脳のちがい、みたいなことが書かれてあります。

そういうのをガチで読んで、彼氏の脳内を熟知することで、彼とうまくやっている人も、もちろんいると思いますが、多くはそうではないはずです。

参考にはしても、「男性脳ってこんな感じらしい。ということは、女であるわたしはこうしよう」とかって、あまり考えないですよね?

■そもそも恋愛とは・・・

そもそも恋愛って、男女でガチで話し合ってどうにかなるものではない、ということです。
カップルで「ぼくはこう思う」「いや、わたしはこう思う」なんて延々と議論しているカップルが、もしいたとすれば、そういうカップルを見た人は「あ~あ、このカップルも、もうじき終わるな」と思うでしょう。

ふつうのカップルというか、わりとうまくやっているカップルって、お互いの都合がつく時に会って、ご飯を食べてお酒を飲んで、適当な時間になったらエッチして……という感じでは?

その間に、マジメな議論がなされていないのかといえば、たまにはマジメに話をすることはあっても、多くの時間はバカ話をしているものです。そうですよね?

■3%バカになろう!

マジメに恋愛のこと(彼氏のこと)を考えれば考えるほど、きっと恋はうまくいかない。もう少し肩の力を抜いて、ふたりの間にほどよく風が流れるくらいのほうが、なにかとうまくいくようになっているのです。

そもそも男子って、女子ほど恋愛のことを考えていないですしね。男は恋愛のことではなく、恋愛をする「前提条件」のことをよく考えます。たとえば「多少のお金がないと恋愛できない」と思い、お金のこと、つまり仕事のことを考えます。

自分の仕事に多少のプライドがないとダメ男みたいに彼女に思われるから、プライドを持てる仕事とはどのような仕事なのか?という感じで、自分のキャリアのことを考えます。でも女子のように恋とか愛という漠然とした概念はあまり考えないのです。

だから女子が愛とか恋について真剣に考えても、男女で考えていることがちがう以上、うまくいきづらい。

***

ここはひとつ、女子が3%くらいアホになるべきです。彼がデートのドタキャンをしたら「ま、いっか、ほかの男子を誘ってご飯に行こ~!」と思えばいいのです。

彼が最近エッチしてくれないのであれば、おもしろいエッチなグッズを買ってきて、朝、起きたばかりの彼にいたずらをするんです。

男と女って、そもそもカラダの造りがちがうので、ガチで議論してもどうにもならないことがたくさんあります。そういう時は「ガス抜き」です。

あなたが少しアホになって、適当にやっておくのです。抜いたガスはどこに行くのか?あとになって彼が「あの時、彼女に粗野な態度をとって悪かったな」と思う瞬間があり、そのときはじめて抜いたガスが「生きて」くるのです。(ひとみしょう/文筆家)

(ハウコレ編集部)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

関連記事