2017.09.19

うわぁ、かわいそう…ではなく笑ってあげてほしい「男子の自虐ネタ」

男子は女子をトークで笑わせるのが大好きです。
とくに、彼らが好んで使うのは……。
そう、自虐ネタです。

ときにはどんだけ自虐するんだよって思うこともありますが、彼らは女子の笑顔のためなら、我が身を投げ打つことにためらいなし。

だからこそ、向こうもその気なら、こっちも、自虐を真に受けて「かわいそう……」という顔をしないで、思いっきり笑ってあげないといけませんね。

そこで今回は、10〜20代男子に「笑ってもらえないと困る自虐ネタ」について聞いてみましたよ。

1.童貞

「典型は、童貞ネタじゃね? 彼女できたことないっていうのは、男子の自虐ネタの代表格。ただし、本人じゃなくて、一緒にいる友達がやる場合があるので注意だな」(童貞/24才)

これは厳密には「自」虐じゃないけど、たしかに男子が乱発してくる自虐ネタのひとつ。

「お気の毒に……」と心の中で手を合わせるより、思い切り笑ってあげるのが基本大事だけど、勝手に自虐されて、恥ずかしがってる男子には、優しく「私はそういうのいいと思うよ」って声をかけてあげましょう。

2.デブってきた

「デブネタかな。とくに、別にぱっと見そんなに太ってない男子が「最近めちゃ腹が出てきたわー」とか言ってる場合には、必ず笑ってあげること」(営業/23才)

こうは言いつつ、本人はあまり深刻に思ってないところがポイントですね。笑ってあげるのはもちろん、「どれどれー」とか言ってお腹をつんつくしてあげるのもかなりグッド!

3.老化を感じる

「『最近高校生カップル見ると、若いなーって羨ましくなっちゃうんだよね。おっさんなのかな』って言ってる男子はめちゃいるわ」(アパレル/25才)

こういうこと言ってる男子、いるよねー(笑)。
絶対に「自分はもう、酸いも甘いも味わい尽くした大人だぜ」ってアピりたいだけだから「心が大人なんだね」って言って笑ってあげてください。間違っても「そうだね、顔とか体型とか、完全に父ちゃんだもんね」とは言わないこと!

4.家事できない

「家事できない自虐を語ってる男子は、確実に、女子の母性を刺激しようとしてるんだ、気をつけろ!」(公務員/22才)

たしかに、「料理?できるよ。カップラーメンとか」や「みそ汁って、みそをお湯に溶かせばいいだけじゃないのなー」などと、男子はよく、いかに自分が家事慣れ(主に料理)してないことをアピって来ます。

そこで、「家政婦さんでも家にいたの?」とひんしゅくせずに、「かわいいー!」とキュン萌えしてあげること。内心そう思ってなくても、自虐ネタですから、あくまで。

おわりに

自虐ネタばっかりの男子はときにウザいけど、自分の自慢をすることしか考えてないような男子よりは、はるかに親近感が湧くし好意的ですよね。

とにかく、自虐ネタが来たら、まず笑うこと。女子に気の毒に思ってもらいたくて、これをする男子はいませんからね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事