2017.09.22

5つの「すぎ」に要注意 恋愛下手女子がやりがちな失敗

秋になってだんだん人恋しくなる季節になってきました。

冬に向けてイベントも多いですし、彼氏がほしいな~と思うタイミングですが、恋愛初心者の人はこんな行動に気をつけて。ますます恋が遠ざかっていきますよ。

・ 自虐ネタを言いすぎ

「『かわいくないし』『モテないし』『彼氏いないし』みたいな、自虐ネタはあんまり言わない方がいいと思う。そんなことを言ってくる人とわざわざ付き合いたいと思わないし」(25歳/メーカー)

自信がないからと言って、自分のことを卑下する発言は、気になる彼の前ではNG。相手の男の子も反応に困ってしまいますし、「そんなことないよ」と言って欲しいあなたのかまって/なぐさめて欲求に相手も疲れてきます。

一緒にいるときは、ポジティブに明るく考えたほうが、あなたの持っている魅力をアピールできるはずですよ。

・ 恋愛にがっつかなさすぎ

「『誰かいい人がいたら紹介して』って言われたから飲み会に誘ったら『合コンでの出会いはちょっと』と断られてしまいました。最終的には『彼氏はいないけど、あんまりがっつきたくないんだよね』とまで言われてさすがにこちらもなにかをする気がなくなりました」(25歳/エステ)

「気になる男子がいるという子がいました。『LINEすれば』いいじゃんと言ったのですが『自分から連絡したり誘うのは嫌だ』と言って全然進展しないようでした。よっぽどの美人じゃない限り、待ってるだけじゃ始まらないと思うけど」(23歳/大学生)

彼氏がほしい!飲み会に誘って!と前のめりに出会いを求めるのは、「必死ぽくて恥ずかしい」「うまく行かなくて傷つくのはイヤ」と思うのかもしれませんが、動かなければ何も始まりません。

ここは格好をつけずに思いきって積極的に出会いを探しにいってみてください。一度自分から動いてみると、意外とそんなに緊張したり、傷ついたりすることもないと感じると思いますよ。

・ 恋愛にがっつきすぎ

さきほどは恋愛にがっつかなさすぎな女子の特徴を紹介しましたが、がっつきすぎるのも考えもののようです。

「恋愛したいというよりモテたい!誰でもいいから彼氏がほしい!という気持ちが全面に出ている子は見ていてすぐにわかります。そしてひいてしまいます」(28歳/銀行)

「恋愛依存症とまではいかないにしても、恋愛のことばかり考えている女子は全然魅力的に感じないです」(26歳/外資系メーカー)

がっつかなさすぎるのも問題ですが、逆にがっつきすぎるのも問題です。いつでも頭の中は好きな人や恋愛のことでいっぱいだと男子と話していても男子も退屈しています。

それに、「付き合ったら重そう」と、仲が深まる前に引いてしまうでしょう。恋愛以外で自分が夢中になれることや得意なことにうちこんでみてください。そのほうがバランスよく、恋愛も楽しめるはずです。

・ 友達のアドバイスにしたがいすぎ

「好きな人や彼氏との関係でなにかあるとすぐに友達に相談する子がいます。それでその友達のアドバイスをそのまましたがっているのですが、自分の考えは?と思ってしまいます」(22歳/学生)

「友達の恋愛アドバイスに従っているとますます、自分の意見がなくなっていって不安になるだけだと思います」(23歳/学生)

友達のアドバイスはとても貴重でありがたいですが、そのアドバイスをうのみにして自分で考えることをやめてしまえば、ますます不安になっていきます。「彼がどう思っているのか」は彼しかわからないこと。

あなたがどうしたいかも、あなたにしかわからないはずです。失敗をおそれずに自分で行動していくことがとても大事です。

・ 異性として意識しすぎ

「男の子といると、気になる男子でもないのにものすごく緊張してしまう子がいます。緊張するからうまく話せないしその後に続かなかったり。もっと気楽に友達として仲良くすればいいのにと思ってしまいます」(24歳/事務)

男子と話すと緊張してしまうという気持ちはわかります。でもその緊張感は相手にも伝わってしまって、いつまでも仲良く話したりできないことになります。

もっと肩の力を抜いて「友達として仲良くしよう」という気持ちで接してみてください。そうして距離が縮まってから、恋愛モードに持ち込むほうがずっとラクですよ。

おわりに

失敗も含めてたくさん経験をしていくことが恋愛上手になる第一歩なのかもしれません。自分の気持ちを大切に、たくさんのことに挑戦して素敵な彼氏をゲットしてみてくださいね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事