2017.09.24

彼氏をアシストしてあげて!手をつなぐタイミング・5選

カップルには欠かせない「手をつなぐ行為」。でも、付き合いたてだったり、ちょっと奥手同士だったりすると、なかなか手を繋ぐのもハードルが高いですよね。そこで今回は自然に、そして、いい雰囲気で手をつなげるチャンスをご紹介していきましょう!

●ふたりきりでベンチに座ってつなぐ

他の人が座っていると、とても「恋人のベンチ」にはなりませんが、公園や遊園地、散歩道など、ふたりきりならチャンス。「ちょっと休憩しない?」「座っていい?」と声をかけてもいいですし、自分から小走りで座りに行ってもかわいく見えます。

座ったらおしゃべりもいいですが、会話が盛り上がりすぎないように要注意。少し声のトーンを下げて、ゆっくりおしゃべりをしながら、雰囲気を作っていきましょう。

少しおしゃべりが落ち着いたら、身体を彼のほうに寄せたり、預けたりしてみてください。そのままそっと手をつなげば、自然にいい雰囲気を作ることができますよ。

●坂道や階段をのぼるときにつなぐ

手をつなぐのも、理由があれば、安心してつなげる!そんな方は、坂道や階段でのチャンスがおすすめ。彼に手をつないで引いてもらえれば、楽に上がることができます。

運動が得意でも、彼よりちょっとペースを落として登ったり「急な階段だね…。踏み外しそう」といった感じで、守ってサインを出したり。あるいは、ちょっと先に上っている彼の手を、ぱっと掴んでみるなんて大胆な行動もアリ!自然な方法で、彼に近づいてみましょう。

●イベントやお祭りの人ごみでつなぐ


手をつなぐシチュエーションといえばやっぱり人ごみ!イベントやお祭りなど、沢山の人がバラバラのペースで行ったり来たりするなかでは、一瞬ではぐれてしまいます。

はぐれないためにも、ぜひ彼につないでもらいましょう。彼も恋愛初心者なら、「こういう人ごみで迷子になったことがある」「流れについていくのが大変」と、手をつなぐ必要性をアピールしてみましょう。きっと彼も、手を繋ぎやすくなるはずですよ。

●暗い場所・時間でつなぐ

暗い場所などで、「こわいから、手つないでもいい?」と、かわいくおねだりなんていうのも方法のひとつ。デートの帰り道や、夜のイベントの帰りなどであれば、雰囲気もいいと思いますし、恥ずかしければ、たまたま手が触れたふうに装ってもいいかもしれません。

遊園地のお化け屋敷や、水族館、映画館、プラネタリウムなどの暗い場所も◎。あまり気負わず、そっと手をにぎってしまえば、高いと思っていたハードルは、自然にクリアできるはずですよ。

●寒い日にカイロを持ちながらつなぐ

さむ~い日は、手をつないで温まってみてはいかがでしょう?「自分は冷え性だから…」なんて方は、カイロを持ってつなぐといいかもしれません。

「カイロ共有する?」と、手をつなぐことをリクエストするのも◎。コートなどをきていて、大きなポケットがあるなら、そこにふたりの手を入れてもらうのもいいかもしれません。これからの寒い季節、温め合うという理由で、彼に接近してみませんか? 

●おわりに


一度手をつないでしまえば、二度目三度目は、楽に手をつなげます。その「一度」が難しく感じるかもしれませんが、それもまた恋愛の醍醐味。どんな雰囲気や、どんなタイミングで手をつなぐか、これもひとつのイベントとして、楽しんでみてはいかがでしょう?(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)
(あかねぴ @akanepi0426/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

関連記事