2017.09.25

涙の数だけ強くなれる!若さゆえの恋愛にありがちな失敗って?

恋愛の経験は、失敗でさえも糧になります。若いときの恋愛は、結婚に直結していないだけに、好きという感情のまま行動することができるため、失敗にも繋がりやすいもの。

今思い出すと恥ずかしい、若さゆえの恋愛にありがちな失敗をまとめてみました。

とにかく外見重視!

若いときは、イケメンとお付き合いすることが一種のステータスにもなります。イケメン以外とは付き合わないとばかりに、とにかく見た目にこだわり、お付き合いを始めてから内面にガッカリするというパターンも。

たしかに女子会でイケメンとのラブラブエピソードを自慢するのは憧れですよね。しかしモテモテのイケメンは、言い寄ってくる女性も多く、結局浮気されて傷付いたという人も。

また、付き合ううちに顔に慣れてくると何も感じない…などなど、そんな経験を経て、憧れと好きは別物であるということに気付くのです。

恋愛がすべて!

好きになり過ぎるあまり、恋愛がすべての生活になってしまったという人も。彼の言うことに大きく影響を受け、音楽やファッションなどすべて彼好みにシフトします。

ずっと一緒にいたいからと勉強や友達、自分の時間を二の次にしてしまうのは危険かも。友達よりも彼と過ごす時間を優先し過ぎたあまり、別れたときに気軽に連絡できる友達が周りにいなかったというケースもあります。

恋愛ももちろん大切ですが、周りが見えなくならない程度に、お互いにとって良い恋愛を心掛けましょう。

背伸びしたお付き合い!


大好きな彼に愛されたい一心で、自分をよく見せようと背伸びしてしまった、そんな経験をした人も少なくないのでは。デートの際にご飯を少な目にしたり、年上の彼に合わせてしっかりした自分を演じてしまったり。

ありのままの自分を出せないと、一緒にいて疲れてしまいます。

また、何でも彼に合わせすぎるのは「意見を言ってくれないから、何を考えているのか分からない」と思われてしまう場合も。結局、長続きするのは、ありのままの自分で一緒に過ごせる相手との恋愛なのです。

SNSに写真をアップして後悔!

ラブラブ写真をSNSにアップしている、なんて人も少なくないはず。そんなラブラブ真っただ中のときは、別れるなんて思いもよらず人に自慢したくなってしまいますが、別れてしまえばそんな写真もむなしいだけです。

もし写真の消し忘れなどがあれば、新しい彼にその写真を見られてしまう可能性も。そもそも他人のラブラブ写真はそう見たいものではありませんので、むやみに人目に出さないのが賢明ですよ。

失敗を恐れずに

若さゆえの恋愛にありがちな失敗をご紹介しました。最初から幸せな恋が出来ればいいですが、恋愛に失敗はつきもの。

失敗することによって学び、次の恋愛では同じ失敗を繰り返さないようにすることが大切です。(sariii/ライター)

(ハウコレ編集部)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)
関連キーワード

関連記事