2017.10.07

「俺のこと嫌いなんだろうな…」男子を勘違いさせちゃうマズイ行動

「そんなつもりはなかったのに」という女性の行動が、良くも悪くも、男性には勘違いをさせてしまうことはよくあります。

最悪の場合、好きな男性に「俺のこと嫌いなのかな」なんて思わせてしまうことだってあるのです。

そこで今回は、男子を勘違いさせちゃうマズイ行動を紹介します。

1.「アクション」が全くない

「何度も会話もしているのに、いつまで経っても向こうからは話しかけてきてくれないと、『もしかして嫌われてるのかな?』って思っちゃいますよね」(27歳/男性/金融)

気になる男性に対しては、恥ずかしかったり意識しすぎてしまったりして、なかなか自分から話しかけたりできない、という人も多いでしょう。

プラスして、男性から話を振っても簡単な受け答えで終わってしまったり、いつまでも敬語で、謙遜した他人行儀な接し方だったり…。

その微妙な距離感が、男性にとっては「避けられているのかな?」と、大きな壁のように感じるのです。

それが続くと、男性も自分から話しかけていくのをためらってしまいます。
あとほんの少し心を開いて、気を使いすぎずに接してみると、男性の受け取り方は大きく変わるはず。

2.いつも「おどおどしている」

「俺といるときにいつもおどおどしている子って、なんか怯えているようにしか見えない。そんなに嫌なのかなって、ちょっとショックを受けちゃう」(31歳/男性/商社)

好きな男性といるときは、落ち着かないし緊張だってするでしょう。
その緊張感やおどおどした感じが、男性からすると拒絶されているように思えてしまうことも…。

むしろ、「○○さんといると緊張しちゃいます」とはっきり言っちゃった方が、「それってどういうこと?」と男性をドキドキさせることができるかも。

3.何も「教えてくれない」

「自分のことをあまり語ってくれなかったりすると、なんか避けられているように感じるかな。俺には言いたくないってことなのかなって思っちゃう」(28歳/男性/広告代理店)

プライベートな部分も見せてくれると、心を開いてくれたように感じるもの。

逆に、自分のことを何も教えてくれないと、「これ以上は踏み込んでこないで」と線を引かれているような気分になる。
それでは男性との距離も一向に縮まることはないでしょう。

「私のプライベートなんておもしろくない」と思ってしまうのかもしれませんが、普段は見えない部分が見えるだけでも、男性は喜んでくれるはず。

4.ほとんど「目が合わない」

「会話中にあまり目が合わないと、楽しんでくれていない感じがする。『もしかして聞いてないのかな?』とか思っちゃうこともあるからね」(29歳/男性/IT)

好きな男性の目はなかなか見ることができない。
その気持ちはすごくわかりますが、会話中に目を合わさないのは、かなり嫌な女に見えてしまいます。

「あなたに興味ない」、「その話、つまんない」、「まだ終わらないの?」。
そんな心の声が勝手に聞こえてしまい、男性も話す気がなくなります。

いくら恥ずかしくても、ちゃんと目を見てあげないと、彼は拒絶されたと感じるはず。折角のチャンスをふいにしてしまっているのと同然です。

おわりに


好きだからこそ冷たい態度になってしまう心理は、すごく理解ができます。

でも、それが誤解を生んでしまう可能性もとても高いのです。好意をアピールするのが難しくても、せめて「拒否していない」「受け入れている」というのは表せるといいですね。(山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事