2017.10.18

大事なのは雰囲気作りから!告白しづらいと思われる女性の特徴4つ

美人で性格もいいのに、なぜか男性からモテない…。そんな女性、あなたの周りにいませんか?

実は、男性に告白しづらいと思われる女性には、共通している特徴があるんです。
男性の告白したい気持ちをなくしてしまう原因は、雰囲気作りに問題があるのかも。

行動をちょっとだけ変えて、告白されるオンナを目指しましょう!

ひとりでいる時間が少ない

どこへ行くにも友人と一緒。
そんなひとりでいる時間が少ない女性は、せっかくの告白されるチャンスを気づかないうちに逃しているかもしれません。

特定の男性からの好意に気づいているけど、告白してこないな…そう思う人がいるなら、男性にとってはデートに誘ったり、告白するタイミングがないだけかも。

ひとりの時間を作ってみると、「告白しづらい女性」の対象から外れ、男性に告白するチャンスを与えましょう。

いい雰囲気を壊しやすい

男性といい雰囲気になったとき、恥ずかしさからつい話をそらしてしまう女性は少なくありません。

「あの空気に耐えられないから」と話を毎回そらしていては、男性の告白したい気持ちが削がれて「告白しづらい女性」に変わってしまうかも!

せっかく男性と両想いなのに、チャンスを逃すのはもったいないですよね。
いい雰囲気になってきたと感じたら、勇気を出して正面から男性と向き合ってみてくださいね。

ガードが固すぎる

恋愛経験が少ない女性にはガードが固すぎる傾向があります。
男性からデートに誘われても、「付き合ってもいないのに最初からふたりっきりでデートは無理」と決めつけていませんか?隙のない女性は自然と男性を遠ざけてしまうことも。

男性とのいい雰囲気を作るために、多少ガードを緩めるのもテクニックのひとつです。

意中の男性からの告白を期待する気持ちがあるなら、たまには誘いに乗ってみたり、男性を頼ったりすると告白しやすい雰囲気になるでしょう。

理想を明確にしすぎている


男性に対する理想や付き合うときの条件を明確にしすぎていると、「告白しづらい女性」に見られてしまいます。

周囲の友人にしか話をしていないつもりでも、何かの拍子に男性の耳に入る可能性も十分あるので、「付き合うならこんな男性じゃないと!」と限定するのはNG。

理想に幅を持たせ、男性が「自分にもチャンスがある」と思えるようにしましょう。
自分の頭の中で理想をイメージするのはいいことですが、自分の理想像は周囲にはっきりと伝えないほうが「告白されるオンナ」に近づきますよ。

雰囲気作りを大切に

男性から告白されやすい女性を目指すなら、雰囲気作りを意識してみて。
気づかないうちに告白しづらい雰囲気を作っている人は、ちょっとした改善でモテはじめるかもしれませんよ。(メロン/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事