2012.02.23

163cmオーバーな「背が高い女子」の生態と付き合い方解説



身長は一生その人についてまわるもの。
性格の形成にもきっと関係しているはず!
今回は長身女子にスポットを当て、その生態と付き合い方をお教えします。

生態1:大人びてる

幼稚園や小学校で、背の高い女の子って大人っぽくて優しくありませんでしたか?
春~夏生まれの子は、周りの子よりも、心身ともに成長が早かったりします。
大人になってもそのときの性格を色濃く残していがちなのが長身女子の特徴です。

生態2:気が使える

「私が前に立ったら、後ろの人が写真に写らなくなっちゃうかも」
「この高さのヒール履いたら、彼の身長を追い越しちゃうかも」
などなど、小さな頃から気を使う場面がちょこちょこあった長身女子。
あくまでもさりげなく気を使うのが上手だったりします。

付き合い方ポイント☆
さりげない気遣いには、さりげなく「気付いているよ」アピールを。
「あのときはメールありがとね」「あの日手伝ってくれて助かったよ」など、きちんと言葉にしてあげると◎。


生態3:おっとりしてる

せかせかした人があまりいないのも、長身女子の特徴のひとつ。
のんびり育って、のんびり大きくなったから?
腕や足が長いため、物を取るためにぴょんぴょんジャンプしたり、いそぐときに小走りになったりといった、”動きのせわしなさ”があまりないことも関係しているかもしれません。

生態4:意外に甘えん坊

人前ではかっこよくスーツを着こなし、仕事も着実にこなしますが、彼と二人きりになった瞬間甘えん坊になる一面も。
長身女子は基本的に「私はかわいいことして良いキャラじゃない」「かわいいのは似合わない」という考えを持っているので、甘えられる相手には特別な感情を抱いていると言えます。
甘えるときは、長身女子の”女の子モード”が高まっているということです。

また、背が小さい子と違ってやってもらえる機会は少ないですが、頭なでなでが実はとても好きだったりします。

生態5:割と他人に無関心

気付いたら背が大きくなっていたため、背の順の争いなどにあまり参加したことがないのが長身女子。
その延長なのか、血眼になって自分と他人を比べたがる人は少なかったりします。
決して冷たいというわけではないのですが、「他人は他人」という意識が強いかも。

生態6:押しに弱い

積極的な人・うるさい人をうまくあしらえないのも長身女子の特徴。
ぐいぐい迫られると草食動物のように従順になります。

子供のときって、背が小さい女子はキイキイぎゃあぎゃあうるさい子が多くありませんでしたか?
長身女子はあの頃も今も、そういう子が苦手です。
そのため、うるさい人の強引な頼まれごとなどを、断り切れずについつい引き受けてしまったりします。

付き合い方ポイント☆
長身女子に何か頼みごとをするときは「もしちょっと手空いてたら~~してくれる?」という柔らかな口調を心がけて。”おだやか”で”やさしい人”だと印象付けましょう。肉食な態度に対する従順さは、好意の表れではなく、怯えてるためかもしれないので注意。


生態7:副部長ポジション

大人っぽく落ち着いていますが、「あねご肌」ではないのが長身女子の特徴。
どちらかというと、裏でしっかり支えるマネジメントのほうが性に合っていたりします。
そういえばマネージャーや副部長ってわりと背が高かった…かも?

生態8:人を頼るのが苦手

「あれ取って」「これ持ってて」といった頼みごとを、何となく「される側」として生きてきた長身女子は、その延長で自分が頼みごとをするのはちょっと苦手。
ひとりで何とかしようとがんばる人が多いです。

付き合い方ポイント☆
「無理してない?大丈夫?」とちょっと声をかけてあげるだけでもあなたの印象はアップ。こちらから積極的に手伝うぶんには、「ありがとう!」と素直に喜びます。「支え合う関係」になれたら素敵ですね。


さいごに

長身女子のみなさん、いくつ当てはまったでしょうか?

表向きはクールだったり、遠慮がちだったりしますが、実は女の子らしい子が多い”背が高い女子”。
スタイルをほめるだけではなく、内面の良さにも気付いてもらいたいものですね。

関連記事