2017.11.15

違いも解説♡《ハイゲージニット》と《ローゲージニット》のTPO別コーデ術

よく耳にする《ハイゲージニット》や《ローゲージニット》という言葉。明確な違いを知っていますか?

今回は《ハイゲージニット》と《ローゲージニット》、それぞれの着こなしテクをご紹介しちゃいます♡

《ハイゲージ》と《ローゲージ》の違い

出典:wear.jp

《ハイゲージニット》とは、パッと見た感じで編み目がわかりづらく、細かく編まれたニットのこと。
《ローゲージニット》とは、編み目がよくわかるニットのことで、俗に言う“ざっくり編みニット”のことを指します。

ハイゲージニットの方がきれいめな印象を与え、ローゲージニットの方がカジュアルに着られるアイテムが多いみたい♡

シンプル is best!《Vネックニット》

▷ハイゲージ

(@muk_blu)がシェアした投稿 -


きれいめコーデの主役に、Vネックの《ハイゲージニット》を♡
1枚で手軽に上品見えが叶います。

◆お手本コーデ◆

出典:wear.jp

トレンドのカラーコートにハイゲージニットをINすれば、きれいめコーデが完成♡
タイトなシルエットのハイゲージニットだからこそ、ロングアウターとの相性も抜群です。

▷ローゲージ

(@ayukatanno)がシェアした投稿 -


袖のケーブル編みがかわいい《ローゲージニット》をシンプルにセットアップで。カジュアルコーデには欠かせないアイテムです!

◆お手本コーデ◆

出典:wear.jp

白シャツのレイヤードスタイルは、ハイゲージニットだとかっちりしすぎちゃう…。そんな時はローゲージニットが大活躍!ほどよいカジュアル感を演出してくれます♡

女っぽさ全開♡《ハイネックニット》

▷ハイゲージ

(@editta.japan)がシェアした投稿 -


サラッとした質感の《ハイゲージニット》は、ローゲージニットよりも着ぶくれせずに着られる優秀アイテム。
ちょっぴり大人っぽコーデにTRYしたい時に、重宝する予感♡

◆お手本コーデ◆

出典:wear.jp

大人っぽコーデには、モノトーンのハイネックニットがおすすめ。
ニットをボトムにINしたら、さらにスッキリ見えること間違いなし!

▷ローゲージ

ハイゲージニットに比べてゆったり着られる《ローゲージニット》は、肩まわりの華奢見せ効果が期待できちゃう♡

◆お手本コーデ◆

出典:wear.jp

ハイネックのハイゲージニットは、オーバーサイズで着るのが正解◎
ショートパンツやミニスカートに合わせてみて♡

存在感抜群♡《カラーニット》

▷ハイゲージ

(@unsourire0301)がシェアした投稿 -


シンプルコーデには、《カラーニット》を差し色に♡ハイゲージニットなら、ビビッドカラーのアイテムも大人っぽく取り入れられちゃうかも。

◆お手本コーデ◆

出典:wear.jp

ニットとボトムのカラーを合わせたセットアップ風コーデも、ハイゲージニットならカジュアルすぎず、カッコよくキマリます!

▷ローゲージ

(@taeyeon__ym)がシェアした投稿 -


ローゲージニットでカラーを取り入れるなら、パステルカラーを選んでとことんガーリーに♡

◆お手本コーデ◆

出典:wear.jp

ピンクのワントーンコーデは、ニットもボトムもゆるゆるなバランスが女の子っぽくてかわいい♡

こなれ感を演出!《カーディガン》

▷ハイゲージ

(@cambio_women)がシェアした投稿 -


ワイドパンツやロングスカートに合わせて羽織るなら、ハイゲージがおすすめ!スッキリ見えが叶います。

◆お手本コーデ◆

出典:wear.jp

ハイゲージのきれいめカーデは、ロング丈がおしゃれ♡縦ラインを強調してスタイルアップを狙ってみて。

▷ローゲージ

(@__nmcr_)がシェアした投稿 -


袖のゆったり感と、ボタンがかわいいカーデを主役に。レースアイテムとも相性抜群!

◆お手本コーデ◆

出典:wear.jp

カジュアル見えするざっくり編みカーデはショート丈がかわいい♡全体をモノトーンでまとめてシックに。タイトスカートを合わせれば、大人っぽコーデが完成しちゃいます!

TPOに合わせてニットを使い分け♡

《ハイゲージニット》と《ローゲージニット》の違い、マスターできましたか?TPOに合わせてニットの素材も使い分けるのが、おしゃれ上級者♡ぜひTRYしてみてね!(ANNE/ライター)

(HCファッション編集部)

※WEARの写真は全て、権利者の許諾を得て使用しています。

関連記事