2017.11.19

無駄なガマンも揉め事もイヤ!彼と「ケンカに発展しない」不満の伝え方

パートナーとずっと仲良しでいるためにも、お互いに気になるところはなるべく直すようにしたい。でも、それを伝えるにあたってケンカになってしまうのは、仕方がない部分もあっても、なるべくは避けたいものです。

そこで今回は、大切な人と「ケンカに発展しない」不満の伝え方を皆さんに聴取してきました。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

1.すべての不満を優しく伝える

「俺の彼女、何か不満があったら溜め込まずに全部伝えてくれるんだ。ヒステリックになることもなく俺を責めることもなく優しく言ってくれるから、彼女の話をきちんと聞こうと思えるし、素直に『彼女のために直そう』って思えますね。」(24歳/販売)

パートナーが不満を言わずに黙りっぱなしになったり、感情的になって怒鳴り散らしてきたら、イライラが募ってしまい話を聞く気も起きなくなってしまいますよね。

溜め込まずに「優しく」不満を伝えることで、自分のことだけでなく相手のことをしっかりと考えた怒り方になるのかもしれませんよ。

2.弱々しく訴える

「私のカレはいつも強気な肉食系なんだけど、この前急に抱きついてきたかと思ったら『最近嫉妬しすぎてしんどい…』って小さい声で言ってきたんです。こんなに弱らせてしまったことに罪悪感がすごかったし、とても申し訳ないけど同時に萌えました」(26歳/食品)

基本的に人間は、怒られるのが好きではありません。パートナーへの不満は怒りながら伝えるよりも、弱々しく伝えた方が相手の心に響くのかも。

普段は強気な人が弱々しい姿になっていると、それだけでときめいてもらえる可能性もありますよ。

3.「~されると悲しい」

「『コレしないで!アレしないで!』って言われすぎるとイチイチ萎えるけど、この前彼女に『一緒にいるときに携帯いじってばっかりだと、私、悲しいよ』って言われたことがあって。ちょっとしたおねだりみたいな伝え方だったから、素直に言うこと聞きました」(24歳/事務)

お互いにお互いのことをしっかりと考えていれば、「相手を悲しませたくない」と自然と思っているはずです。

「自分はこういうことをされると悲しいんだ」とパートナーに伝えることによって、パートナーはアナタに気を遣ってくれるようになるのではないでしょうか。

4.切り替えをしっかり

「私のカレは、不満を伝えた後の切り替えがすごくしっかりしているの。『はい、コレで終わりね!』って言ってその後はいつも通りに接してくれるし、そういう風にしてくれると嫌な雰囲気にならないからすごく助かります。」(22歳/看護)

不満を伝えたあとに気まずい空気になってしまうと、それが自然とケンカへと繋がってしまう可能性があります。

言いたい不満を伝え終わったらそれを永遠と引きずるのではなく、「はい、じゃあこの話終わり!」と切り替えをしっかりした方が、お互いに良い気持ちになることが出来そうです。

おわりに


1人よがりになるのではなく、相手のことをしっかりと考えながら不満を伝えることこそが、ケンカに繋がりにくい不満の伝え方なのかもしれません。

パートナーに不満を感じたときは感情的にそれをぶつけるのではなく、一旦冷静になって、相手の気持ちをしっかりと考えながら話し合ってみて下さいね。(霧島はるか/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事