2017.11.20

彼氏を稼ぎで判断するのはNG。いいオンナが持っている判断基準とは?

先日、「年収1,000万の人じゃないと結婚したくない女性」という記事が話題になっていましたが、パートナーの条件に「年収」を入れる人って本当にお金のセンスがないなと思うのです。

おっと、「私には関係ない話ね。別に1000万の年収なんて相手に求めてないし」と思われたあなた、実はコレあなたにものすごく関係ある話です。

金額の大小に限らず、恋人を「稼ぎ」で判断するとろくなことになりません。稼ぎももちろん大事なのですが、もっと大事なところを見ないと、その人の本質を見抜くことはできません。

特に「お金の使い道」にはその人の性格や価値観がもろに出ますので、あなたが将来パートナーとの共同生活をイメージしているなら、「お金」に関する感覚にアンテナを立てることはとても大事なことなんです。

いくら稼いでいるか?ではなく、いくら貯めているか?

ここで問題です。

月収100万円のAさんと月収30万円のBさんがいます。どちらがお金持ちでしょう?

「そりゃ、Aさんだろう。」と思いますか?いいえ、それは不正解です。

正確には「それだけではわからない」のです。

基本的には収入が高くなればなるほど、使う金額も大きくなります。衣食住だけでも、高級マンションに暮らせば毎月20-30万は平気で飛んでいきますし、車やタバコを嗜む男性なら、毎月の出費がバカになりません。

Aさんは、月収が100万円あっても、毎月95万円使っているのです。だとしたら、毎月5万円しか貯金に回せないことになります。

一方Bさんは、節約を心がけて、住む場所も着る服も食べるものも、1円単位で気を使い、せっせと貯金にまわしています。努力の結果、毎月10万円貯金に回せていたとしましょう。

Aさん:月収100万円、毎月の貯金額5万円
Bさん:月収30万円、毎月の貯金額10万円

さてこの状況をみて、改めて質問したいと思います。、AさんとBさん、どちらの方がお金持ちでしょうか?

持ってる=貯金して手元に残っている金額は、断然Bさんの方が多いので、この場合正解はBさん、ということになります。

稼ぎではなく、貯蓄が幸せを運んでくれる

あなたの彼氏のお金の使い方はどうでしょう?生活は安定していても、趣味にお金を使いすぎていたり、無題に家賃の高いところに住んでいたりしませんでしょうか?

こういう人の怖いところは、例えば失職した時に、収入がパタリとなくなった時です。

それまで染み付いた生活水準というものはなかなか下げられるものではないので、10万円の家賃の部屋に住んでいた人は、6万のワンルームに住めないんですよね。

そうすると収入に見合わない生活することになり、「いずれ返せるから」とたかをくくり借金をするハメになります。こうなったら泥沼です。

一方でせっせと貯金して来た人は、そのお金で就職活動もできるでしょうし、心に余裕もあります。どっちの男性と付き合う方が幸せなのか、想像に難しくないのではないかとおもいます。

毎月の貯蓄額で判断できてこそいいオンナ!

冒頭の記事内の女性は、「子どもが生まれたら、広い部屋に住んで私立に通わせたい」(だから年収1,000万ぐらいないと)と思っているそうですが、年収1000万ならその生活が可能なのかというと、そうではないのです。

世の中には1000万貧乏という言葉があるくらい、その「使い道」次第で生活は困窮してしまうのです。

あなたが彼氏の稼ぎに関して不安を抱いたなら、いくら貯めているのか?を聞いてみるといいかもしれません。あるいは今そんなに貯められていなくても、そもそも節約の意識があるのかどうか、を見るだけでもかなり参考になるのではないかと思います。

と、ここまで彼氏のことばかり書いて来ましたが、さて、あなたはどうでしょうか?(ニッコリ) (川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事