2017.12.15

頑張らなくても愛されている女子はなぜ愛されている?

「わたしほど頑張ってないように見えるあの子は、なぜ彼氏から愛されている?」というようなタイトルの本があり(もっと短いタイトルだったように記憶しています)、それなりに売れていたようです。

頑張っていないように見えるのに愛されているとなると、人はきっと嫉妬しつつも、「その子のからくりを知りたい」と思うのでしょうね。

さて、頑張らなくても愛されている女子は、なぜ愛されている?この項では、その答えに迫ってみたいと思います。

■人が持っている考え方とそのルーツって、他人にはよくわからない

頑張っていないように見えるあの子は、なぜ愛されているのか?答えは簡単で、あの子は人知れず頑張っているからです。

ぼ~っとしているように見えても、たとえば「じぶんでじぶんのことを好きになるためにはどうすればいいんだろう」と、人知れず悩みつつ、夜中にネットで自己啓発系の電子書籍をダウンロードしているとかね。

人が頑張っている姿って、他人の目に映ることだけがすべてではないということです。かと言って、高校生の試験勉強のように隠れてこそこそやるものでもないわけで。換言するなら「他人が持っている考え方って、わからないことだらけ」と言えるかもしれません。

たとえば、社会に出て初めて、めちゃポジティブな考え方を持っている人に出会ったことのある人っていますか?そういう人のなかで、根っからネガティブな考え方の人は「ここまでポジティブな考え方って、学校でも教わらなかったし、親も教えてくれなかったな、どこでそんな考え方を学習したんだろ、あの子は」と思ったりしませんでしたか?めちゃポジティブな考え方の持ち主は、ポジティブシンキングでいられるように、若い頃から意識してきた、つまり意識するという努力をしてきた、ということです。 

かように、人が持っている考え方とそのルーツって、他人にはよくわからないんですね。

■なんらか苦しくて辛抱が必要なアレのことではなく

ここで言う努力とは、なんらか苦しくて辛抱が必要なもののことではなく、単純に「じぶんが心地よく生きていける環境をじぶんでつくる」ことだけだったりします。こういう努力って、おそらくホントは努力とは呼ばず、ごくシンプルに、人生の基礎をじぶんでつくる、くらいの言い方に収まることではないでしょうか。

そしてそういうことは、誰もが等しくやっていることではないでしょうか。朝起きたら歯を磨くのとおなじレベルで、誰もが少しずつ意識しつつ、日々やっていることでは?

人生の基礎をつくるといえば、貯金もそれに該当しますよね。あるていどの貯えがないと、おそらく生きていくのがしんどい。だから貯金する。そして他人の貯金額って、おそらくみなさん知らないですよね?そう、みんな人知れず頑張っているのです。

まれに20代前半で500万円の貯金を持っている女子がいますが、ああいう人は頑張りすぎか、貯蓄の才能があるのでしょう。でもそういう人はまた、新たな悩みがあり、それを解消するべく頑張っているのです。たとえば人一倍、心配性で、それゆえ交友関係がうまくいかないとかね。

■頑張っていないように見えるのに、なぜか愛されている人のからくり


じぶんが心地いいと思える環境をじぶんでつくるというのは、簡単に言えばじぶんでじぶんのことを好きになる、じぶんでじぶんのことを愛して、毎日じぶんの心身のメンテナンスをやってあげる、ということ。

こういう角度の頑張りというか、単に自己メンテナンスというか……そういうことを怠らなければ、はたから見て「頑張っていないように見えるのに、なぜか愛されている」ように見えるのです。なぜならそういう人は、おおむねハッピーに暮らしているからです。(ひとみしょう/文筆家)

(ハウコレ編集部)
鈴木凪沙/モデル)
島崎雄史/カメラマン)
JYO/ヘアメイク)
辻野祐馬/ディレクション)

関連記事