2017.12.23

本当に彼氏ほしいの?「好きな人ができない」ときに見直してみたいこと

クリスマス、カウントダウン、バレンタイン……と冬の時期は彼氏がいないと精神的にキツイ……と感じるイベントが続きますよね。でも、周りに流されて彼氏を作っても結局すぐに別れてしまうことが多いのではないでしょうか。

長期間好きな人ができなかった経験のある女性たちの体験をもとに、「好きな人ができない」ときに見直してみたいことをまとめました。

■アラ探しばかりしていない?

「彼氏ができないのは『理想が高いんじゃない?』って言われても全然分からなかったんです。でも、『紹介してもダメ出しばっかりするからもう紹介しない!』って友達に怒られて、私理想が高すぎたのかもって気付きました」(24歳/メーカー勤務)

「理想が高い」と言われたことがあるなら、自分ではそんなつもりがなくても、見た目も振る舞いも全部好みの男性じゃないとついダメ出しをしてしまっているのかもしれませんね。

恋愛の魅力のひとつは「お互いに影響を受けて変わっていくこと」。最初から完璧な人を求めていてはいつまでも出会えませんよ。相手のアラ探しではなく良いところを見つける努力をしてみましょう。

■「選ばれること」を求めてない?

「ちょっといいなと思う人がいても、自分からは絶対誘えない」(22歳/大学生)

自分から誘うなんて無理!という女性は多いですよね。でも、それって「相手が好きになってくれたら自分も好きになってあげる」という上から目線の恋愛姿勢になっているのかもしれません。受け身な姿勢で待っているだけだとせっかくの恋愛のチャンスを逃してしまいます。

■周りに流されても結局後悔する

「周りは皆彼氏がいるし、ずっと彼氏がいないとまずいかなと思ってお試しで付き合った彼がいたんですが『本当は俺のこと好きじゃないでしょ』と言われて振られてしまったことが」(23歳/不動産関係)

周りの女友達が彼氏持ちになると、彼氏優先でなかなか会えなくなったりして、寂しく感じてしまうこともありますよね。

でも、暇つぶしのように誰かと付き合うのは相手にも失礼。適当に付き合おうと思っているその気持ちは彼にも伝わってしまいます。お互いに大事に思えない相手とは、ちょっとしたトラブルも乗り越えられず、また欠点も目につきやすいので、長続きするはずがないですよね。

焦っても幸せになれるわけではないのなら、「この人だ」と思える人と出会うまで、無理に付き合う必要はないと思いませんか?

■友達と比較して判断していない?

「いい雰囲気になった男性と3回目のデートのときにホワイトデーが近かったんですが、その前のバレンタインにちゃんとプレゼントしたのに何もお返しがなかったんです。ホワイトデーにお返しのない彼氏がいる子なんて聞いたことがないし、ありえないと思って付き合うのやめました」(24歳/アパレル関係) 

ホワイトデーにお返しをしないポリシーがある男性もいます。そこが合わないから付き合わない、というのももちろんアリです。しかし、相手に不満があっても、それを本人に聞いたり話し合ったりなどで確認せずに、他人の彼氏と比較して「優しくない」「お金持ちじゃない」などを判断してしまっていませんか?

恋愛は自分が「一緒にいて楽しいな」と思える相手かどうかが大事です。人と比べないで、自分がその人を良いと思うかどうかで決めましょう。

おわりに

徐々に好きになっていく恋愛もありますが、好きじゃない人となんとなく付き合っても「やっぱり違うかも」と破局してしまうケースのほうが多いでしょう。彼氏が欲しい理由が「周りの目が気になる」「彼氏がいる子が羨ましい」というものだったら無理に作ろうとする必要はありません。

そんなときは一度1人の時間を満喫しきってみたほうが、心から「彼氏欲しい」と思えるようになるはず。「どんな人と付き合いたいのか、どんな恋がしたいのか」が明確な方が、素直に心から楽しめる恋ができるはずですよ。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)
鈴木凪沙/モデル)
島崎雄史/カメラマン)
JYO/ヘアメイク)
辻野祐馬/ディレクション)

関連記事