2018.01.07

長続きするカップルは「あなた」も「わたし」も大切にできるふたり

せっかく出会えた大好きな彼氏ですから、いつまでもラブラブなふたりでいたいですよね。

でも、ただなんとなく一緒にいるだけだったり、彼に合わせてばかりで無理をしたりしていると、愛情が深まることもないまま、ストレスが積もっていったりと、長続きも難しくなってしまいます。長続きするためには、どんなことに気をつけていけばいいのでしょう?

■不満をためない

カップルという近しい関係で多くの時間を過ごしていくと、「もっとこうしてほしい」「どうして、言ってくれないの?」などの不満も生まれることも少なくありません。

長続きしたいのであれば、この不満を溜め込まずに、彼といち早く共有することが大切です。
ただし、彼に不満を感情的にぶつけていいわけではありません。いつでも思いやりを大切に、話し合うことが長続きの秘訣。

「こうしてほしい」という願望は、「好き」「一緒にいたい」という気持ちがあるからこそ。改善してほしいことがある場合には、冷静に、落ち着いて話し合える時間を意識的に作ってみましょう。

■好意と感謝を伝える

ふたりが一緒にいる理由を突き詰めると、「好き」という二文字に集約できます。でも、この二文字。あなたは、相手にしっかりと伝えられていますか?

どんなふたりであっても、好きな気持ちに保証書はありません。揺れ動いて不安定になるものなので、意識的に伝えていくことが欠かせないのです。もちろん言葉で伝えることも大切ですが、あなたの行動はいかがでしょう?「好き」が伝わる行動か否か、いまいちど振り返ってみませんか?

また、これと同様に感謝の気持ちを伝えるのも大切「連れてきてくれてありがとう」「一緒に過ごしてくれてありがとう」「電話に付き合ってくれてありがとう」。感謝を伝えることで、彼は「自分が必要とされている」ことを感じることができますし、伝える側も心が温かくなるものです。

意識的に伝えれば、彼のほうからも好意と感謝を伝えてきてくれるので、相乗効果でよりいい関係になれるはずですよ。

■彼といない時間も楽しむ

「ラブラブなふたり」というと、いつもベッタリくっついている姿を想像するかもしれません。たしかにそんなシーンもいいものですが、長い目で見れば、ひとりの時間を大切にすることも、ふたりの関係を良好に保つのには欠かせません。

カップルの構成要素は、「あなた」と「彼」。それぞれの価値観も経験も環境も違う、ひとりの人間です。

ですので、それらを自分の型にはめようとせず、各々で楽しい時間を過ごし、お互いが楽しかったことを、後にふたりで共有するのも、「相手を大切にすること」です。違う経験、価値観、考え方を共有できてこそより深い仲が築けることでしょう。

■ふたりの「楽しい」を探す

一緒にふたりで、楽しいことを積極的に探すのもおすすめ。一緒にいると自動的に楽しい気分になる、という意識ではなく、「これはどうかな?」「あれもやってみない?」と、ふたりで一緒に楽しいことを探してみましょう。

彼とふたりなら、ずっとワクワクするものが見つかりそう。そう思えるふたりなら、きっと、ずっと一緒にいられます。

■おわりに

カップルは互いを大切にすることだけでなく、自分自身を大切にすることもできてこそ、「心地よい関係」が作られます片方だけの好みに合わせたり、付き合うために自分を変えたりしてしまうのではなく、お互いがちょっとずつ譲歩していくことが大切です。

お互いの譲歩地点を照らし合わせながら、これらのことを意識してみてくださいね。(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事