2012.03.15

結婚市場で一番モテる?!農耕系男子の見抜き方



男性の恋愛の行動傾向を表す「肉食&草食」という言葉。最近は「狩猟系&農耕系」という分類がじわじわきているようです。ということで、今回は「農耕系男子」を解説していくことにしましょう。

狩猟系男子はこちらから。

種をまき、芽が出るのをじっと待つ

畑を耕し、種をまく。たまに草刈をして、雨が降るのを待つ。

彼らの食料獲得スタイルは「受動的」。できるだけエネルギーを使わずに、生きていく手段を好む生き物です。

畑を持っている

すでに畑という資産を持っているのが彼らの特徴。そのため、リスクは低め

ただし、固定資産に依存して生活をしているため、畑がなくなると生きていけなくなる可能性もあります。

決められたサイクルで生活をしている

春になると種を飢え、夏になると実がなり、収穫する。天候に恵まれ豊作の年は安泰ですが、思わぬ天災が起こってしまうと状況は一転。

決まりきった生活をしている彼らは、予想外の出来事にうまく対応しきれない一面があります。

食料を貯蔵している

彼らは貯金が大好き。

安定や計画性を大切にしているので、結婚相手として人気があります。

村社会で生きている

彼らは変化を嫌い、一つの場所にとどまることを好みます。

また群れるのが好きで、内輪ネタで盛り上がるのも特徴。村社会に生活をしているため、痴話喧嘩や噂話が大好きなんです。

農耕系はココで見分ける!

農耕系男子を気に入った方へ、彼らを見分けるポイントをお教えしましょう。

彼らの最大の特徴は、「前例を重んじる生き物」であること。そのため、例外は極力避けようとし、成功の道筋がみえるものにしかチャレンジをしません。

「前やってうまくいかなかったからムリ」と言う人は、農耕系の可能性が高いといえます。

恋愛相手としては少々退屈でしょうが、彼らの安定性・計画性は、結婚相手として高く評価されることでしょう。

関連記事