2018.02.06

彼がくれた優しさを「仕返し」してあげよう

「小さな親切、大きなお世話」
という言葉にも表れているように、自分が良かれと思って人にしてあげたことであっても、それが相手にうまく響くかどうかはかなり未知数。

恋人間でも、せっかくかけてあげた優しさが相手からすれば「重い」とか「おせっかい」とか感じてしまうようなものだとしたら、悲しすぎます。
彼の「スイートスポット」を知るには、どうしたらいいのでしょうか。

■人は、自分がされたら嬉しいことを人にする

冒頭のように、とにもかくにも、「優しさ」というのは人それぞれで、どこまでいっても主観的なもの。

こんなことでは、じゃあ一体何をしてよくて、何をしちゃいけないのか、全く手がかりがない状態で困ってしまいます。

でも、「優しさ」がとことん主観的だからこそ使えるヒントがそこにありますね。
どういうことかというと、例えば彼氏や好きな男子が、体調が悪いときに自分を心配をしてくれたり、デートに遅刻をしたときにも優しくフォローしてくれたりといった気遣いを見せてくれたとき、それは、間違いなくその彼にとってスイートスポットど真ん中の優しさだ、ということです。

簡単に言えば、自分で良かれと思ってするくらいなんだから、同じことを人からされたときにも、「優しいな」と感じるはずっていうことです。

相手が見せる優しさは、まさにその人が主観で「何が優しいと思っているか」を写す鏡。
彼のツボにうまくハマる優しさはどんなものだろうと考えるときには、まず反対に相手が今まで自分にしてくれたことから紐解いていくのがいいでしょう。

■逆も然り……

相手の行為が、相手の主観を写す鏡だということは、優しさのその逆も言えるということです。
彼氏に「女子とふたりで会ってくるわ」とか言って、わざとやきもちを妬かせられた。

こういうことがあったときに、「よくない」とはわかっていても、ついつい同じことを相手に仕返して(つまり自分も男子とデートすることをアピールしたりして)しまう人はいると思います。

そしてそこに、「よくない」かもしれないけど、でも、自分が悲しい気持ちになったことをわかってもらうことだって大切だから、という正当化を見出すかもしれませんね。
けど、その人の行為がその人の主観の鏡なら、そうやってあなたのことを嫉妬させた彼自身が、誰よりも、「これをされたら、嫉妬するはず」と確信しているはずなのです。
だから、わざわざあなたがやり返さなくても彼はすでに十分自分のした行為の意味をわかっているし、仮にやり返してしまえば、案の定、彼はカウンターに大きなダメージを負います。

先に「手を出した」のは彼ですので、もし相手にやり返されたとしても自業自得の部分もあるわけですが、どちらが正しくてどちらが悪いとかいうことは人間関係でさほど重要じゃなく、それよりも、ふたりの関係をよりよく保つことが重要。彼が悪いのですから、仕返しをしても許されるかもしれませんが、仕返しをすれば、(仮にそれによってふたりが「平等」になったとしても)間違いなくふたりの関係は悪化してしまいます。

もちろん、仕返しはせずとも、自分は相手の行為によって傷ついたという事実はあるはずですので、そのことは、きちんと言葉にして伝える権利があなたにはあると思いますけどね。

**

こんな感じで、その行動を通じて相手の主観、気持ちを知りつつ、お互いに良いものは同じ形でフィードバックしてあげる、良くないものは、同じことを仕返してやりたくなっても「仕返しなんてしなくても、相手もきっと嫌ってわかってるんだ」と思い踏みとどまってを繰り返していけば、だんだんと、行動を介さずとも相手の気持ちを理解できるような関係になっていくんだと思います。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事