2012.03.29

ブサメンなんかと寝たくない!安売りを防ぐ方法とは?

ブサメンはお食事デートだけでOK。絶対にベッドインなんてしたくない。これが女子の本音。
でも、人間って完璧じゃないから、たまーに判断を間違えて微妙な男とホテルに行っちゃった・・なんてこともあるんですよね。
これからは絶対にそんな失敗は防ぎたい。そう思う女子は、「ヤリたくなるタイミング」をしっかりおさえておくことが大切。今回は、女子の性欲が高まりやすい時期を6点ピックアップしてみました。さっそくチェックしてみましょう。


お酒を飲んだ時

お酒を飲むとふんわり気持ちが軽くなって楽しい気分になりますよね。その理由は、脳内物質ドーパミンの分泌が増えているためです。


お酒は過剰に摂取しすぎると脳が興奮し冷静な判断ができなくなることもあります。楽しさのあまり飲みすぎて、翌日知らないブサメンとベッドで寝てた…なんてことになったら悲劇!

排卵日の前

排卵日(月経開始から14日目が平均的な周期)に向けて、女性の体内はエストロゲンという女性ホルモンの分泌が増えます。それに伴い女性の魅力と性欲も一気にあがっていくのが特徴。(露出度の高い服を着たくなる傾向にあるので、男性も寄せ付けやすいようです)

 

自分の生理周期を把握して、排卵日の前はクラブへ踊りに行くのではなく、女子会を開いておとなしく過ごしましょう!

夜遅い時間帯

人間は暗闇の中にいると、自分のいる場所の広さがつかみにくくなり、自分の周囲しかみえなくなります。そういった「閉塞感」が、人に不安感や恐怖感を抱かせ、近くにいる人物に触れたい、頼りたいという衝動を起こさせるそうです。

「暗くて顔もよくみえないから・・・いっか」そんな流れでブサメンとセックスした翌朝には、落胆するあなたがいることでしょう。

彼とマンネリなとき

彼といても刺激がない。そんなときは浮気心が芽生えやすいんです。

別の男と遊んでドーパミンを分泌させたい・・というのが人間の本能。そんなときは彼とのマンネリを防ぐ「はひふへほ」の法則を実践すべきでしょう!

彼のセックスが下手すぎるとき

性格はすごくいい人だけど、セックスが下手な恋人の場合、浮気に走りがちになります。

 

きちんと自分好みのセフレを作り、割り切った関係の中で楽しめば抑圧された性欲を誤ってブサメンに放出させることなく乗り切ることができるでしょう。


ちなみにセックスベタな彼は調教することも可能です。この記事をご覧ください。


【関連記事】

いいひとなんだけど、あっちがダメ!セックスの相性を何とかする方法

http://howcollect.jp/article/2588

失恋後

恋人から振られた直後は、自己評価が低くなりがちです。そのため、普段の精神状態では絶対にセックスの相手として候補にもあがらないような男と寝てしまう…なんてこともありえるかも。

 

寂しさをセックスで紛らわしても状況は変わりません。むしろ恋愛やセックスに依存をしている自分に嫌気がさし、さらに気持ちが沈むことでしょう。そんなときは女の弱みにつけこむダメ男からは距離をおいて、気を許せる女友達と飲みに行くのが一番!

おわりに

いかがでしたでしょうか。

浮気心が芽生えやすいときをきちんと把握することで、「あぁ・・この人全然かっこよくないけど、いっかぁ」という安売りが防げます!

関連記事