2018.03.04

鬼嫁夫婦がうまくいくのは怖いからではない。彼の「唯一無二」になれたから

ユッキーナ×フジモン、北斗晶さん×佐々木健介さんのように、割と女性側に権力がある夫婦の形ってありますよね。

旦那さんよりも奥さんの方が強いと、「鬼嫁」「恐妻家」「かかあ天下」と周囲からも恐れられがち。
でも女性側が強い権限を持っているからこそ、うまくいっていることもあります。
これって夫婦間だけでなく、カップルにも当てはまるところがあるのではないでしょうか?

「この人じゃなきゃダメだ」と思わせる何か

筆者の知り合いにも、付き合っているときから(のちに結婚)、割と「鬼嫁」タイプのAちゃんがいました。彼氏へのあたりもキツく、周囲からも「あの彼氏よく付き合っていられるな」と言われるほど。

でも複数人で、Aちゃんカップルの同棲中のお宅へお邪魔したときのこと。次の日休みということもあってか、Aちゃんの彼氏が思いのほか飲み過ぎてしまいました。Aちゃんは「そんなに飲んだらダメ!」と注意をしていたにもかかわらず、Aちゃんの彼氏はベロベロ。

その時に「だから疲れているんだから、飲み過ぎたらダメって言ったでしょ!」「ベッドに入るならちゃんと着替えて!」と怒りながら、水を飲ませたり、服を着替えるよう促していました。その光景を見て、何となく「この彼氏はAちゃんじゃなきゃダメなんだろうな」と感じたのを覚えています。

「彼のために」を第一に考える

ただ怒鳴って怒るだけなら、誰にだってできます。
鬼嫁気質だけれどうまくいくカップルは、「自分の意見を押し通したい!」「束縛したい!」という感情だけではなく、「彼のためになるように」という思いのもと行動しています。そして彼もそのことを、きちんと理解しています。だからこそ鬼嫁気質でも許される、彼にとっての唯一無二の存在になれるのでしょう。

そして当然ですが、お互いに相手を思いやっていることが大前提。はたから見ると「彼、尻に引かれているけれど、大丈夫……?」と感じたとしても、そこにはちゃんとふたりだけの愛情があるのです。じゃないと「グチグチ言ってくる彼女がウザい!」などと、よそに浮気されてしまう可能性がありますからね。

ただし「尊重」も忘れないで!

でも「彼のためを思って」などと言って、いつでも怒ってばかりいては、ただ我が強いだけになってしまいます。ダメなところはきちんと叱りつつも、彼の良いところも言葉に出して褒めることが大切です。飴とムチ……ではありませんが、喜怒哀楽のメリハリをつけることで、彼も「この子は嘘をつかないんだ」と思えるはず。

また彼の言うことを何でも頭ごなしに否定するのも、間違った愛情表現ですよね。「飲み会に行くのは良いけれど、終電までには帰ってきてね」など、ある程度の自由を作って、相手の生活を尊重するようにしましょう。

おわりに

「鬼嫁」って女性側が怖くてワガママ……なのかと思いきや、実は誰よりも愛情深く、旦那さん(彼)のことが大好きだったりするんですよね。

無理に鬼嫁を目指す必要はありませんが、付き合っている段階から彼の「唯一無二」を目指してみてはいかがでしょうか。そうすることで、自然と結婚が見えてくるかもしれませんよ。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事