2018.03.15

空腹は「キケン」なスパイス…?恋に植えているときのドキドキに要注意

恋したい!ドキドキしたい!そんなふうに思うことってありませんか?しばらく彼氏がいない…なんていう時期は、なおさらかもしれません。そんな「恋に飢えている」ときこそ要注意!なんでもかんでも素敵な恋に思えてしまって、うっかり落とし穴にハマってしまうかも…!?

●「空腹は最高のスパイス」と言うけれど…

「空腹は最高のスパイス」なんて話を聞いたことがありませんか?お腹が空いているときは、どんなものを食べても最高においしく感じるという言葉で、「たしかに!」と思う方も多いことでしょう。

ただ、これを恋愛に置き換えてみるとどうでしょう?ちょっと、意味深な言葉に聞こえませんか?しばらく恋をお休みしているときには、ちょっとタイプの彼が熱心に口説いてきたら、それが運命のように感じたり、友達から紹介された人が、みんなすっごく素敵に見えたり…。ちょっとした出来事が、とても大きな出来事に思えます。そして、うっかり恋に飛びついてしまうと、思わぬ失敗やトラウマを抱えてしまったり…。そんな経験がある方も多いのでは?

●恋に恋している状態に要注意!

恋したい!ドキドキしたい!というときの「恋」は、お腹を空かせたときに嗅ぐお料理の香りみたいなもの。いますぐ欲しい!なんてケースも少なくありません。

ドラマを見たり、恋愛系の漫画を読んだりすると、○○みたいなデートがしたい!なんていう妄想を、つい、しちゃいますよね。でも、その欲求が強すぎると、「本当に恋していい相手なの?」「自分はどんな恋愛がしたいの?」といったものが見えにくくなります。

恋をお休みしている期間が長いと、いわゆる、「盲目の恋」に陥りやすい状態。相手と自分をしっかり見ていないと、「彼が思っていた人と違う」「どうして付き合ったのかわからない」なんてことになりやすいのです。

●過去の恋愛と。いまの自分をしっかり確認!

「この人いいかも~!」そんなふうに感じて、一気に恋に走り出す前に、自分の過去の恋愛を振り返ってみませんか?いままでどんな恋をしてきて、どんな失敗をしたか、どんな恋がいい思い出になっているか。

それから、現在の自分もしっかり見つめ直しましょう。もしかすると、恋がしたい!と思うのは、寂しさや日々の疲れから、癒しを求めているからかもしれません。

この人なら寂しさを埋めてくれる、癒してくれると感じるかもしれませんが、恋愛は対等に相手を想い合うもの。一方的な感情では、幸せな恋愛を築き上げるのは難しくなってしまいます。

もちろん恋は盲目状態で突っ走ることで進展していくこともあるでしょう。でも、ハウコレ世代ともなればもう大人。過去の恋愛で学んだことを思い返し、いまの自分をじっくり見つめてから、目の前にある恋の可能性について考えていきましょう。

●出会いがあっても一歩ずつ!

恋愛にはタイミングも重要です。「このチャンスを逃したくない!」と感じる場面も多々あることでしょう。それでも、本当にいまがそのときなのかどうかは、自分をよく把握していなければ、判断できません。

恋の予感あふれる出会いがあったとしても、一歩ずつ進むのが◎。仮にビビッときた相手と結ばれることになるとしても、いままで経験してきたことや、現在の自分をしっかり見つめて恋をすることは、結果的に良い影響を与えてくれるはずです。

●おわりに

お腹が空いていて、なんでも美味しく感じる場合でも、健康を維持するためには、ちゃんと栄養バランスの整った、安全な食事が必要です。恋に飢えている場合も同様!自分が手を伸ばそうとしている恋が、自分にとって幸せをもたらすか否かは、しっかり考えて判断していきましょう。(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事