2012.04.11

セフレを好きになってしまった時の対処法とは?




「カラダだけ」と割り切っていたはずなのに、つい彼を好きになってしまった。もっと彼と深い関係になりたいけれど、カラダから始まった関係が真実の愛に変わることなんてあるのかしら?こんな悩みを抱えている女性、案外多いと思います。


ということで今回は、「セフレを好きになってしまったときの対処法」を考えていきましょう。


1.「セックスボケ」を疑ってみる

体の相性がいいと「私、この人のこと好きかも…」と勘違いしてしまうことがあります。何も考えずに「好きだぁー!」と突っ走ってしまう前に、自分自身に「彼とセックス抜きのコミュニケーションを楽しめるかどうか」を問いかけましょう。


セフレと恋人の明確な線引きはありません。恋人を名乗っていても「外デートよりお家でセックスしてる方がいい」といった関係のカップルも存在します。


ただセックスはコミュニケーションの1つでしかありません。付き合う前から「セックスのないこの人とのデートはつまらないかも」と思うようなら、今の関係を維持したほうがいいのかもしれません。

2.相手の温度にあわせる

彼との交際を望むのであれば、「温度をあわせる」ことを意識したほうがいいでしょう。あなたは彼に好意を抱いていても、同じように彼が恋愛感情をもっているとは限りません。

今後もカラダだけの関係を望んでいるかもしれないし、あなたの接し方次第でひょっとしたら恋愛感情がうまれるかもしれません。

焦って自分の気持ちを伝えようとはせずに、相手との会話を通して気持ちを探っていきましょう。

3.一度距離をおいてみる

自分からメールをしたり、デートに誘うのはしばらく控えましょう。しばらしくて相手から連絡が来てデートに誘われたら応じます。

ただしセックスはNG!「今日はごめん。なんか気分じゃないかも」と誘いは断りましょう。

4.違う一面をみせる

「セフレだと都合がいいけど、彼女には不向き」「付き合ったら浮気しそうだし」「ほかの人とでも簡単にセックスするかも」

 

彼はあなたに対してこのような印象をもっているかもしれません。一度埋め込まれたイメージを払拭するのは容易ではないでしょう。それならば、ムリをして自分を作ったり変えたりはせずに、今まで見せたことのない一面を彼に伝えてみて。「私、写真が趣味なの」「実は料理が得意で・・・」など、相手にあなたのギャップをアピールしましょう。

5.「求めるだけ」の自分を変える

セフレはカラダだけの付き合い。お互いに快楽を追求していれば関係は成立します。そこから恋人同士になるためには「求めるだけ」から「与える」という視点を加える必要があるでしょう。


「付き合いたい!一緒にいたい!」という自分の気持ちを優先するのではなく、まずは相手のために何ができるかを考えて接してください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。付き合う前にカラダの関係をもってしまったからといって、焦らずにゆっくりと彼との関係を進めてくださいね。

(さとみん/ハウコレ)

<おすすめ記事>
関連キーワード

関連記事