2018.06.01

「傷つけるよりも傷ついた方がマシ」と思えないなら結婚はしない方がいい

こんにちは、美佳です。
交際が始まれば時間経過とともに、彼との結婚を考える人もいるでしょう。
けど、「愛情」ではなく「依存」状態で結婚をしてもなかなか上手くいかないもの……。

とはいえ、恋愛中って「恋は盲目」と言われるように、依存なのか愛情なのか自分では分からなかったりもしますよね。(愛情と思ってたのに実は共依存の関係だった!とかも無きにしも非ず。)

そこで今回は結婚を考える際の感情について。
筆者的に、「この感情があるのなら結婚は思いとどまったほうがいい」と思います。

■連絡がこない時に彼を心配するのではなく焦燥感がくるなら、どこかでその関係は終わる。

交際当初、彼の返信が遅くても多少我慢できたし、「いいよ、いいよ♩」なんて優しい言葉をかけることができた女子も、時間経過とともに本性が出てきて「なんで返信ないの?」「忙しいって言っても、ご飯食べる時間あるなら返信くらいできるよね?」と嫌味を言うようになったのなら、彼のことを愛してない証拠。

まぁ毎回返信が遅いのはアレですが…、たまに遅いくらいならイライラよりも心配が先に来るはず、愛しているならね。
愛情じゃなくて、依存傾向が強いから心配よりも先にイライラが出てくるんです。この状態では恋愛はうまく続きませんし、結婚なんて尚更難しいでしょう。

■心から許すのではなく「腹いせ」を考えるなら離れた方がいい

とはいえ、彼に嘘をつかれたり、彼が他の子と楽しそうに電話をしてたり……、と、そういう時はまぁ誰だって普通にイラッとはするでしょう。
けど、彼も彼女を傷つけたと思えば謝るし、今後その行動は控えるはずです。
で、大事なのは彼が謝った(or行動を控えた)後の対応。彼のことを心から許して、前みたいに良い関係に戻れるなら良いのですが、腹いせや復讐を考えるなら彼のことを愛してない証拠です。腹いせを考えるくらいなら離れた方が良いと思いますよ。だって傷つけ合う関係なんて、お互いにとって良いパートナーではないでしょう?

愛してない彼と一緒にいる、しかも且つ事あるごとに傷つけ合うのって時間の無駄だし、メンタルが弱って心が荒むだけですって。精神衛生上良くないです。

■互いに「傷つけるよりも傷ついた方がマシ」と思えないなら結婚しても維持は難しい。

究極、お互いに「傷つけるよりも傷ついた方がマシ」と思えないのなら、結婚はしない方がいいと思うのです。その考えがないと結婚しても、どこかのタイミングで意見の違い等から傷つけ合うことになるんじゃないですかね?

そんな傷つけ合うようなパートナーとずーっと一緒にいたいと思います?どっちかの限界を超えたら破局or離婚ですよ。

本当にパートナーのことを愛しているのなら、何があってもパートナーを傷つけるようなことはしないはずです。

仮に、パートナーに傷つけられたとしても復讐心は芽生えないはず。
傷つけたい思いが芽生えるのは、愛しているのが相手ではなく、自分だからでしょう。相手よりも自分を可愛がって愛している状態なら、結婚はしないほうがいいと思います。

■終わりに

返信が遅くてイライラする!仕返ししてやる!などの感情があるなら結婚しても結婚生活は精神的に辛いものになるでしょう。
付き合っていくうちに、そんな負の感情も薄れ、自分よりもパートナーのことを愛せるようになったのなら、きっとこの先も上手くいくはずですよ。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事