2018.07.16

「周りにいい男がいない!」それは、あなたの魅力が落ちているからかも

こんにちは。沙木貴咲です。身近に男性がいないわけではないけれど、どの人にも心がときめかない……。ついため息が出て、「誰かいい人、いないかなあ」と呟いてしまう時ってありますよね。

いい人がいないから恋ができない。

それを、『彼氏いない歴』が続く言い訳にしていませんか?
いろんな事情はあるでしょうが……周りにステキな男性がいないのは、あなたにも原因があるからかもしれません。

■人間関係は、すべて『鏡に映る自分の姿』

類は友を呼ぶという言葉がありますが、人間関係はすべて自分が引き寄せているものです。自身とどこか共通点のある人が集まりますし、そこで何らかの「はまる部分」波長がない人とはそもそも接点が生まれません。

これは、自分で選んだ彼氏や友人だけでなく、上司に指示されてコンビを組む同僚にも当てはまること。
たとえコンビ仲が悪くても、苦手なタイプだと思っても、同僚は今のあなたに必要な存在。似たところを持っていて共感や同族嫌悪をしたり、あるいはあなたに足りないところを持っていて嫉妬したりと、必ず何かしらの影響があるでしょう。
好き嫌いとは別の次元で、さまざまな気づきを与えてくれるはずです。

つまり身近な人間関係には、映し鏡のように自分のことがあらわれているということ。元気に明るく振る舞っていれば、そんな波長に引き寄せられる人が集まりますし、後ろ向きでどんよりとした雰囲気を漂わせれば、そういった人が集まってくるのです。

■「いい人がいない」と思う時のあなたはどんな状態?

では、周りを見渡して「いい人がいない」と感じるときのあなたは、どんな状態なんでしょうか?
これは残念ながら、「魅力が落ちていて、男性から『いいな』と思われる要素が乏しくなっている」といえます。身近な人間関係が映し鏡だとすれば、あなたも周囲の男性からイマイチと思われているということ。

そんなはずはないと思うかもしれませんが……『類は友を呼ぶ』の法則にのっとれば、自分と周りの男性たちは同類。認めたくないとしても、それが事実なのです。

じゃあ、彼氏候補になるような男性と出会うにはどうすればいいのかというと、自分の魅力を上げるしかありません。

植物が花粉を運んでくれる蜂を呼び集めるために、鮮やかな花を咲かせ、良い香りを漂わせるのと同じで、男性を惹きつけるファッションやメイクを工夫したり、立ち居振る舞いを変えてみたりすると良いでしょう。

■魅力が上がれば、注目されたくなる!

見た目を良くしてモテを意識すると、「こんなに可愛くなった私をもっと見てほしい」という欲求が生まれます。自分の部屋の中だけでとびきりのメイクを施しても、物足りなく感じてしまうもの。

そうなれば、男性が集まるようなお店に入ってみるとか、友人に声をかけて食事会を開くなど、出会うこと自体に積極的になれるでしょう。「いいな」と思える男性を求めて、出会いそのものを引き寄せることもできるようになるんです。

そんな風に、前向きで活発な波長をまとったなら、「いい人がいない」とぼやくこともなくなるはず。あなたの周りには、魅力的な男性が自然と集まって来るでしょう。

■試して損はない!とりあえずやってみる

「……そんなの出来すぎてる。ウソみたい」と思いますか?

もしあなたが今、身近に素敵な男性がいなくてウンザリしているなら、試しに自分磨きをしてみると良いですよ。たとえ結果的に『類友』の法則がウソだと思っても、あなたは今よりも魅力がアップして、男性の目を引く女性になっているはずです。

ファッションやメイクをがんばるのも、出会いを引き寄せようと行動を起こすのも、決して損はありません。ものは試しとやってみてはどうですか?(沙木貴咲/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事