2018.07.17

私、もしかして…?男友達への気持ち、これがあれば「恋」です!

ずっと男友達だと思っていた男性に対して、好意を持ち始めることだってあるでしょう。

「恋心」が芽生え出しているのであれば、あとはそれを進めていきたいところですが、これまで過ごしてきた時間があるからこそ、「これって恋?それとも友情…?」と、自分でも自分の気持ちがわからなくなることも。

そこで今回は、男友達に「恋心」を抱き始めているサインについて紹介します。

■「何をしているか」が気になる

ふとした瞬間に、「今何してるのかな?」と気になったりする。それはまさに、好きな人や気になる人に対して起こりやすい行動です。なので、そういうことが多くなってきたのなら、その男友達へのあなたの好意もどんどん大きくなっていっているのでしょう。

また、休日やクリスマス、バレンタインデーなどのイベント日に何をしているのかが気になる場合は、「他に女性の影がないか」を心配したりしているはず。それはもう確実に、男友達を異性として意識している証拠と言えますね。

■「2人きり」で会いたくなる

友達であれば、仲間内のみんなで会うことも多いはず。でも、それでは満足ができず、「2人きりで会いたい」と思うようになったり、「ふたりでいるときの方が楽しい」と感じるようになったら、友達以上の気持ちになっているのかも。

やはり男性も、いくら友達であっても「2人きり」で過ごすことが多くなったら、異性として多少は意識せずにはいられなくなるものです。相談を持ちかけてみたりして、ふたりになる時間をなんとか増やすようにすると、友達以上の関係に発展させやすくもなるでしょう。

■「素の自分」が出せなくなる

好きな男性の前では、少しでも自分を良く見せようとするものなので、なかなか「素の自分」が出せなくなります。今までは気軽に接していたのに、ちょっと自分を繕うようになったら、それは好意の裏返しでもあるでしょう。

自分のダメな部分を見せたくないと感じるようになったり、ちゃんとおめかしをしないと会えなくなったりするのは、完全に好きな男性に対して起こる感情。ただ、急にぎこちなくなったりすると、男友達はなんだか距離を感じたりもしかねないので、変な誤解を生まないようにする注意は必要ですよ。

■「恋人ができてほしくない」と感じる

男友達に対して「恋心」が芽生えているのかを見極める一番のポイントは、「恋人ができてほしくない」と感じるかどうかです。そこに嫉妬が生まれるのであれば、もう異性として見始めている立派な証拠と言えるでしょう。

例えば、男友達が「今気になっている子がいるんだよね?」とか「あの子、可愛いよね」なんて話をしたときに、素直に応援してあげる気持ちになれないのであれば、それはあなたの好意が邪魔をしているのかも。他の女性と仲良くしているのを見るだけでも嫌な場合は、もう完全に恋をしていますね。

おわりに

男友達のことを異性として見ているのかどうか。自分でもよくわからなくなってしまうこともあるでしょう。でも、今回紹介したような思いや感情があるのであれば、恋愛相手として考えてみてもいいのではないでしょうか。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事