2012.08.06

「オトコ紹介して」としつこい友人との上手な付き合い方

「彼氏ほしいよー!誰か紹介して!!」としつこい人、周りにいませんか?


人任せにしないで、自分から動けばいいじゃん・・と言いたくなる気持ちは分かりますが、ぐっと堪えてください。今回は「誰か紹介してよ」と言われた時のうまい返し方を一緒に考えていきましょう。

1.「〇〇ちゃんに見合う人なんてなかなかいないよー」

「なんで私ってなかなか彼氏できないんだろー?なんか問題あるのかなー」と悲観的になっている人には、「〇〇ちゃんに魅力がないんじゃなくて、見合う男がいないだけだよ」と伝えてみましょう。ぎこちなくならないように、さらっとね。

2.「男以外にも大切なものってあるじゃん!」

これはあなたがシングルのときにぜひ使いたい一言。「男以外にも楽しいモノってたくさんあるから!女子会しよーよ!!」と女の友情を深めてみてもいいかもしれません。

3.「ひとりの方が楽じゃない?」

「付き合ってもそんなにいいことないよ。ケンカも多いし、自由に遊びまわれないし」


恋人がいる方は、付き合ってもそんなに楽しいことばかりではないということを伝えてみるのもありかもしれません。


ただし、伝え方には注意して。例えば、「少し帰りが遅くなっただけですぐに電話かけてくるし」の一言は、恋人のいない友人からしてみればうらやましい束縛です。「えぇ、いいなー大事にされてるってことじゃん!やっぱり私も絶対彼氏ほしい!!」とさらに口癖をエスカレートさせてしまいます。

4.「ホントにイイ人がいたら紹介なんてしないよ」

「いや、ホントにイイ男がいたら、私が狙うから・・」と肉食系なキャラを演じてみるのもいいかもしれません。気心の知れた友人に使ってみましょう。半分ホンネという方もいるかと思いますが、笑いながら冗談ぽく伝えてくださいね。

5.「みんな彼女持ちなんだよねー」

「どんな人が好みなの?」と恋愛相談に乗っているフリをして、最終的には「男友達はみんな彼女持ち」というところに落とし込みます。


鬱憤を聞いてあげるだけでも、意味はあります。少し疲れるかもしれませんが、恋愛カウンセラーになったつもりで「うん・・うん・・そうなんだ・・なるほどね」と相手の話に耳を傾けてあげましょう。

6.「合コンがあったら誘うね」

そこまで恋人を作りたいわけではないけれど、「恋したい!彼氏ほしい」が口癖になっているだけの人もいます。


そういう人には、「イイ人いたら紹介するよ」「合コンがあったら声かけるね」ととりあえず言うだけでOK。

おわりに

いかがでしたか。他にも上手な返し方はあるかと思います。ぜひあなたのハウツーも教えてくださいね。

(さとみん/ハウコレ)

関連記事