2012.08.15

「しょうがねーな」と言わせよう!程よく手がかかる愛され女子になる方法



最近の大人しめ男子にとって、デキすぎる女子は近寄りがたく、おしとやかすぎる女子はつまらないんだとか。
これからの女子は、「ちょっと手がかかる」くらいがちょうどイイみたいです。

愛され度ナンバー1!
「ったく、しょうがねーなー」と言わせる女になる方法、ご紹介します。

【大前提】 やるときはやる

まず何よりも大切にしなければならないのは、「やるときはやる」という姿勢です。
何もかも任せきりにしてはダメです。

困っているときに頼ってくれるのが男性にとってはうれしいのであって、
都合よく利用されることに喜びを感じているわけではないということを肝に銘じておきましょう。

知ったかぶりはしない

わかったふりをして間違えるよりは、素直に「わかりません、教えてください」と言ったほうが好印象なんだとか。

教えてもらったあとはお礼の言葉とともに「すごい!」「尊敬します!」などの言葉をかけると更に良いです。

感情表現は素直に

怒りや悲しみは表現しすぎると疎まれることもありますが、喜びや好意などは素直に表に出したほうが絶対に◎。
「ありがとう」「うれしい」といった言葉は、出し惜しみせずに使いましょう。

甘え上手に素直さは必須です。

力仕事はがんばりすぎない

具体的には、どんなことをお願いするのが良いのでしょうか?
一番頼みやすいのは、力仕事です。

ちょっと体を鍛えている人なら、日ごろの成果を発揮して「男らしい!」と思われたいもの。
重いものを持ってあげたりするのは、彼にとっても願ったりかなったりなお願いなのです。
あまり体に自信がなさそうな人には、そこまで大変ではなさそうな力仕事を頼むように気を付けましょう。

力仕事を頼むことで、あなたがラクできるだけではなく、彼の自尊心を満たしてあげることもでき一石二鳥なのです。

彼の特技に合ったお願いごとをする

男性は概してプライドが高いです。
女性に頼みごとをされても、うまくやれなかったときは結構ヘコんでしまうんだとか。

カッコつけたい気持ちを推し量り、彼の得意なことを頼みましょう。
機械に強いのか、音楽に詳しいのか、体力に自信があるのか…。
彼の特技をしっかり把握し、頼みごとをするときに「○○くん、これ得意だったよね?」と一言添えれば完璧です。

狙ってる彼には「誰にでもできること」を頼む

前述に矛盾しますが、本気で好きな人には「誰にでもできること」を頼むのも効果的。
「何であえて俺に頼むんだろう?」と考えさせる作戦です。

「特別感」を醸し出すことで、気持ちよく頼まれてもらえるだけではなく、恋愛対象として意識させることもできるのです。

必殺のセリフは「あなただから頼めるの」

「○○してほしいなぁ♪」と頼むのが一番良いとよく言われますが、ちょっとぶりっ子っぽくて嫌だと思う方も多いのでは?

案外「○○くんだから頼めるの、お願い!」と言うほうが媚びていなくて言いやすいです。

計算高いわけでも、男なら誰でもいいわけでもなくて、あなたにこそ頼みたいの」というスタンスを保持することが、愛され女子になるための大切なポイントです。

さいごに

いかがでしたか?
さっそく今日から実践して、「程よく手のかかる」愛され女子になっちゃいましょう。

関連記事