2010.04.22

米粉を使った、オイシイ粉クッキング!

 お好み焼きにチジミにホットケーキ。
から揚げにグラタン、シチューなどなど。
小麦粉を使ったメニューってどれも魅力的。
でも溶けにくかったり、油を吸うからカロリーがUPしたりと、気になるところもちょっと多い。
なら、小麦粉を米粉に変えてCooking!
小麦粉より、ずっと手軽でイイコトずくめなんですよ!

米粉の魅力①溶けやすい

 米粉は白米をパウダー状にしたもので、小麦粉の代わりにそのまま使える便利な材料。
小麦粉より水に溶けやすく、粒子が細かいのでふるい器でふるう必要もありません。
クッキーやケーキにどんどん使いましょう。
また水分が多いので、小麦粉を使ったときと比べて、表面がサクッと、中がしっとりモチモチの仕上がりに。
シフォンケーキだってパサパサしません。モチモチ感が命のチジミにもピッタリです。

米粉の魅力②油を吸いにくい

 小麦粉に比べて油を吸いにくい米粉は、から揚げに最適。
揚げ油のカロリーをカットでき、サッパリいける揚げ物に。
素材の栄養をギュッと閉じ込めて、表面はサックリ、中はジューシーな栄養満点メニューになります。
マリネや揚げ浸しにしても漬け汁に染み出す油が少なくて味がしつこくならない。

また、冷めてもベチャッとなりにくいからお弁当にもピッタリです。
米粉をまぶす時はビニール袋にあらかじめ下味をつけて
水気を取った材料と米粉をいっしょに入れて、袋ごと揉むと満遍なく衣がつきますよ。

米粉の魅力③ダマになりにくい

 小麦粉に比べてダマになりにくいので、ホワイトソースが簡単にできます。
グラタンだったら、好みの具材を炒めたところに米粉を加えて更に炒めてから牛乳を注いで煮詰めるだけ。あとは器に盛ってピザ用チーズを乗せて焼けばできあがりです。

米粉の魅力④スイーツなのにお酒に合う

 たとえばチーズケーキ。
クリームチーズと米粉を使って焼いたスフレは、しっとり、モチモチ、食べごたえはドッシリ。

たとえばクッキー。
米粉の生地に黒ごまや干し野菜、木の実を入れて焼いたら、
しっとり、サクサクのヘルシー焼き菓子に。
なぜかお酒に合うのです。ちゃんと甘いのに、お酒を邪魔しない上品さ。
小麦粉を使ったスイーツよりも、胃に重さを感じさせないからなのか、
お米なだけに日本人の舌に合うからなのか・・・。
スイーツ苦手な大酒のみの私でも、コレはイケます。

米粉の魅力⑤母国に貢献!?

 ご存知のように、日本の食糧自給率ってかなり低い。
ほとんどを輸入に頼っている有様です。
私もそうですが、お手軽なパンや麺類に傾倒して、ご飯を食べない文化が広がったからからかもしれません。
でも、歳でしょうか・・・、日本人である以上、日本のことをちゃんと考えて生きることも大切だな、と思ったりもします。

 今まで小麦粉を使っていた料理を米粉に変えるだけで、メニューによるけれど食料自給率が1.5~2倍以上に伸びるそうです。
環境とか失業とか年金とかさまざまな課題を真剣に見つめる流れが若者にも広まってきてる中、
米粉ひとつでも、
ちょっとは母国のことを考えて生活する機会にもなるかもしれませんね。

関連記事