四女が教える!「大学デビュー組」が秋から即効であか抜ける方法・7選

夏休みが終われば、クリスマスまで残り3ヶ月。

「大学デビューに失敗した」「垢抜けたつもりだったのにまだダサい」…。そんな大学デビュー後発組のために、即効であか抜ける方法を集めてみました。

1.茶髪にする

「茶髪はなんとなく怖い」「みんなと同じになるのはいやだ」と黒髪にしているあなた。

 

「清楚系をめざしたい」「サブカル系をめざしたい」などポリシーがあって黒髪にしているのならいいのですが、ポリシーのない黒髪はダサく見えてしまうもの。てっとり早く垢抜けるには、茶髪にするのが一番の近道です。

2.髪型で冒険しない

だれしも一度は「前髪まゆ上パッツン」「大正ロマン風パーマ」「ベリーショート」など、髪型で「冒険」したくなるもの。

 

でもちょっと待って!これらの髪型は「おしゃれな人はよりおしゃれに、ダサい人はよりダサくなる」諸刃の剣。垢抜けてからトライして。

3.ベージュやグレーの服は避ける

ベージュやグレー、黒、茶色といった色の服は、一歩間違えるとあっというまに「ネクラ」ファッションに。

 

服は思い切って明るい色を選んで。自分に似合う色を見つけるのもポイントです。

4.服装はシンプルイズベスト

おしゃれ初心者が犯しがちなミスが、服装を間違った方向に「盛」ってしまうこと。重ね着や過度なヘアアレンジは避けた方がベター。シンプルイズベストを心がけて。

 

ワンピースは服の組み合わせを考えなくていいので、とっても便利です。

5.「non-no」や「mina」のファッションを目指す

ファッション感覚が身につくまでは、センスが問われる「古着系」「無印良品系」「サブカル系」などには走らないほうが無難。

 

まずはnon-nominaなどのファッション雑誌にとりあげられるような、「きれいめ」なファッションを目指すのがオススメです。

6.生足を出す

おしゃれ初心者にはカラータイツやレギンス、ニーハイはちょっとキケンです。一見おしゃれなアイテムですが、取り入れ方を間違うと「残念」なカンジに…。

 

多少キズやアザがあっても太くても、「生足」は若さのシンボル。足を出すだけで雰囲気が華やぎます。

7.メイクを一通り覚える

「大学デビュー組」に多いのが、自己流でメイクをしているケース。

 

いつまでたってもアイラインしか引いていなかったり、ファンデーションがムラになっていたり。特にアイラインやアイシャドーのミスは致命的です。

 

本を買って練習を積めば、10分で「勝負顔」が作れるようになれるかも!?

おわりに

いかがでしたか?「大学デビュー」のころの間違ったファッションは、後になって思い出すと恥ずかしいもの。

 

このハウツーを参考に、要領よくあかぬけて、リベンジしましょう!