2012.10.13

ほわほわ赤ちゃん肌になる!BBクリームの使い方

一本でベースメイクがほとんど完成しちゃうBBクリームは時短アイテムとして大活躍。
BBクリームを使うととても簡単に赤ちゃんみたいなふわふわ肌になれちゃいます。
今回は使い方だけじゃなく、ハウコレ編集部のオススメBBクリームもご紹介!
ぜひBBクリームを正しく使って、ふんわりベースメイクにトライしてみてね。

BBクリームとは?

BBクリームは、Blemish(傷)Balm(香油)の頭文字で、傷や欠点を補うクリームのこと。
もともと韓国で美容整形を受けた患者さんが使っていたようです。
そのため、整形後に肌が荒れてしまった人でもメイクできるように、肌を保護する美容液効果が多く含まれています!

今、日本で売れているBBクリームは、保湿・美容成分はもちろん美白効果やUVカット効果まで入っているものが多いので、BBクリームひとつでベースメイクを完成させることが出来ちゃいます☆

ハウコレ編集部オススメのBBクリーム♡

1、エテュセ BBミネラルホワイト ¥1890
スキンケアもメイクもどちらもしっかりできちゃう高機能クリーム。高純白ブライトニングパウダーと、凹凸クリアコンプレックスTをかけあわせたシミブライトメイク処方で、シミも毛穴もナチュラルにカバー。日焼け肌やくすみ肌を透明感のあるツヤ肌に!
(SPF45・PA++)



2、ベビーピンク BBクリーム ¥987
サラッとのばしやすく、しっかりカバーするのに自然な仕上がり。光とパテ効果でひと塗りでツルすべ肌になれるよ。79.4%が美容液ベースで日本人女性に合わせやすい3種のカラーもうれしい!1本で乳液から仕上げパウダーまで8つの役割を果たしてくれるよ。
ノンケミカル処方・無香料・ノンアルコール
(SPF35 PA++)



3、P.N.Y DIVISION スムースイレースマットM マットキープBBクリーム ¥1890
ニキビ予防&美白効果をプラスした薬用オイルフリーBBクリーム。シャドーコントロールエッセンス配合で、毛穴などの肌の凹凸を内側からふっくら押し上げて毛穴が目立たないハリのある肌へ導きます。日本人に合った肌色で、白浮きせず自然な仕上がり。
オイルフリー・無香料・紫外線吸収剤不使用
(SPF22 PA++)

下準備

いつもどおりに洗顔後、化粧水をつける。
BBクリームをきれいにのばすために、化粧水で湿った肌はNG!
しっかり肌内部まで浸透させ、それでも表面のべたつきが気になる場合はティッシュでオフしよう。

BBクリームをのばす

まずは手のひらにBBクリームを豆粒ほどの大きさで取る。
そこから頬、おでこ、鼻頭、あごに少しずつつけよう。

指のはらで温めながら薄く伸ばしていこう。
内側から外側に向かって軽くたたきながら伸ばすのがコツ!


肌にフィットさせる

BBクリームをつけた直後はちょっと白浮きしているように見えるかも。
これを解消するために、手のひらで顔全体を包み込んでしっかりフィットさせよう!


パウダーで仕上げ!

本来ならBBクリームにパウダーは不要だけど、ほわほわ感を出すために軽くフェイスパウダーをのせよう。
目の下、おでこ、鼻、あごなど部分的につけてもOK!


完成!

これでBBクリームでつくる赤ちゃん肌メイクは完成!
ほわほわしたやわらかさはBBクリームならではの質感。
編集部オススメのBBクリームはもちろん、自分の肌悩みにあわせたBBクリームを見つけて使ってみてね☆


関連記事