いい男を知り尽くした女のバレンタイン必勝法とは?


もうすぐバレンタイン!好きな人にチョコをあげようとウキウキしている人もいるかもしれませんね。ですが、いくらバレンタインがチャンスとは言え、お互い良い歳。本命チョコをあげてベタに告白なんて、ちょっとあざとすぎて恥ずかしい気も・・・。

というわけで、今回は倉田真由美さんの著書を参考に、イイ男を知り尽くすような賢い女のバレンタイン必勝法と、その心構えをお教えします。バレンタインを黒歴史にしないためにも必読です。

1.男性はイベントがあまり好きでないことを知っておく

「そもそも男性は女性ほどイベント事にそれほど興味はない。彼女や好きな女のコが盛り上がっているから、それにつき合ってるという男の人も案外多い」と著者。

「彼もぜったい期待してて、私のチョコをワクワクして待ってるに違いない!」という過度な期待は、失望のもと。相手と自分との気持ちの差にびっくりして、一気に冷めてしまうかもしれません。

2.チョコで心を射止めるのは難しいと理解する

基本的には「バレンタインや誕生日というのは、もう出来上がったカップルや夫婦間の潤滑油的なイベント」と著者。

チョコをあげるというのは、そもそもは「愛を深めるための」行為なのです。最高においしいチョコをあげれば男性が落ちるというわけではありません。「手作りチョコで落とす!!」と意気込むのではなく、「おいしいチョコを食べて、彼にしあわせな気持ちになってほしい」という思いやりの気持ちをもってあげるくらいがちょうどいいのかも。

3.チョコを媚びる手段にしない

「手作りチョコをあげちゃう健気な私」をアピールされると男性側はげんなり。

プレゼントをもらいなれているようなイイ男は「そっちがあげたくて作ってるくせに、そういうの押しつけがましいなー」と思ってしまうんだそう。チョコをあげるのを「健気でかわいい行為」と思うのは、失敗の元みたいです。

4.気の利いた一言を添えよう

それでもどうしても本命チョコをあげて告白したい人は、ちょっとウィットの利いた言葉を添えるといいかも。あくまでさらっと、「ちなみにこのチョコ、義理じゃないからね?」と言えれば「おっ」と思わせることができます。

5.もういっそチョコはあげない

モテる彼である場合はとくに、チョコをたくさんもらったりします。そんな中でライバルを押しのけて自分のチョコを一番目立たせる方法はズバリ、「いっそあげない」!

「私たち女性が思っているほど、プレゼントの類は保険になっていない」と著者。「あげなかったらがっかりされるかもしれないけど、あげておけばマイナスにはならないだろう」と思ってあげるチョコは、実際そこまで彼の胸には響いていないのです。

むしろ「くれそうだと思ってた子がチョコをくれなかった」というほうが、「あれ、あいつ俺のこと好きだったんじゃ?何でだ?」と妙に気になりだしてしまうのです。

さいごに

イイ男というのは女性慣れしている分、とても手ごわいんですね。ですが、賢い女はそれを上回った戦略を練るわけです。ウィットの利いた言葉を考えるか、いっそチョコはあげないのか。ぜひ女子会で議論してみてください。

参考文献:倉田真由美『いい男には恋のルールは通じない!』青春出版社

(小嶋もも/ハウコレ)