2013.02.08

いい恋をするために今すぐ捨てるべき考え・5選


やみくもにがんばってもなかなか上手くいかないのが恋愛。幸せになるには何を手にすればいいのか?と悩んでいる人多いかもしれません。でも、もしかしたら今本当に必要なのは「捨てる」ことなのかも。ちょっと立ち止まって、デトックスしてみませんか。

今回は、早稲田大学教授・森川友義さんと、ロンドンブーツ1号2号・田村淳さんの著書「最強の恋愛術」を参考に、いい恋をするために今すぐ捨てるべき考えをご紹介します。

1.追いかけたい

「好きになったら追いかけたい!」と頑張って行動するのに、なぜかうまくいかない人、いると思います。その理由について「(男は、)深層心理では追いかけさせてくれる女子が好き」だからだと淳さんは分析しています。

男性は、「絶対こいつを手に入れよう」と思ってお金を投資した女性を大切にするのだそうです。男性に追いかけさせて、お金をかけさせないと、末永い幸せは訪れません。自分から熱烈なアプローチを始める前に、意識してすこしブレーキをかけるクセをつけましょう。

2.〇〇な人は恋愛対象外

「背が低い人は無理」「口数が少ない人とはデートもしたくない」そういうこだわりは、一度捨てるべき。好みのタイプではないからといって、ことごとく退けていくのはもったいないです。

森川さんは「恋愛市場では基本的に何をするのも自由。いろんなタイプの男を同時に試せばよい」と言っています。自分で自分に縛りを作ってしまう必要はありません。ときめきやドキドキは、意外なところに潜んでいるかも。宝探しのように楽しんでみましょう。

3.「彼氏ほしい」というのはかっこ悪い

「彼氏欲しいんだよね~」と周囲に言うのは、何となくはしたないと思う人もいるかと思います。でも淳さんは「「新しい恋がしたい」と女子が口にするのは全然カッコ悪くない。男からすると、むしろ「素直でポジティブだな」と好感が持てるし、応援したくなります」と語っています。

恋愛は、周囲を巻き込んでなんぼ。応援してもらえるような、素直でかわいい女の子になりましょう。結局、出会いにアクティブな女子がモテるのです。

4.私のすべてを知ってほしい

「彼の全てを知りたいし、もちろん私の全てを知ってほしい」、そういう風な愛し方をしてしまう人いますよね。でもこれは愛されることからどんどん遠ざかる考え方。

森川さんいわく「愛され上手になるには「ミステリアスの創出」。男は思い通りにならない獲物ほど追いかけたくなる生き物」なんだとか。好意の感情を丸出しにされて燃える男性はほとんどいないのです。

どうしても会いたいときは、女友達と食事をして、ノロケ話に興じましょう。「あいつから連絡ないな、今何してるんだろう?」と彼に思わせたらこっちのものです。

5.好きになった人と付き合いたい

なぜか自分から好きになった人には振り向いてもらえないという人多いと思います。でも、「好きになった人としか付き合いたくない」と意地を張ると、どんどん幸せを逃してしまいます。

淳さんは「女の子は求められる男と付き合うのが、幸せへの近道」と断言しています。一度、あなたのことを好きだと言ってくれる人のほうを向いてみましょう。

例え自分からは好きになれそうもない相手でも、あちらが好意を寄せてくれるなら、それにはそれ相応の理由があるはずです。その先にこそ、幸せな恋が待っているのかも。

おわりに

思い込みから抜け出したとき、不調な恋愛からも抜け出すことができるはず。身軽になったあなたには、きっと幸せが訪れるでしょう。

参考文献:田村淳・森川友義『最強の恋愛術』マガジンハウス

(小嶋もも/ハウコレ)

関連記事