2010.05.18

ヤセ体質を作ろう!基礎代謝アップ法

よく食べるのに全然太らない人がいますね。その一方で、食事制限をしているのに全然痩せない人もいます。これは基礎代謝が原因です。筋肉が多いと基礎代謝があがり、一日の総消費カロリーに違いが出てきます。太らない体を作るために、基礎代謝をあげてヤセ体質を作りましょう!

・日常のちょっとした行動で筋力をつける

基礎代謝をあげるためには筋肉をつけましょう。でも筋肉をつけるためにジムに通ってハードなトレーニングをする必要はありません。日常のちょっとした行動で十分です。たとえばバスは一駅分歩く、姿勢を正してTVを見る、など、日常でできることから始めてみましょう。

・スロートレーニングで無理なく基礎代謝をあげる

基礎代謝をあげる体づくりには、無理な筋力トレーニングは必要ありません。
ゆっくりと無理のない、スロートレーニングがおススメです。毎日の生活で少しずつ歩く機会を増やすほか、寝る前にストレッチをしてみましょう。家でスクワットをしてみるのもよいですね。

・背中の筋肉を鍛えるには

背中の筋肉を鍛えることも大事です。パソコンに向かうときは、背もたれに寄りかからず、姿勢を正して座ってみましょう。ふだん使わない背筋や腹筋が刺激され、基礎代謝がアップします。

・5分間の深呼吸

ゆっくり体を動かす時の筋肉を鍛えることは、基礎代謝アップに効果的といわれています。
5分ほど、深呼吸しながらゆっくりと背伸び運動を繰り返してみるのもおススメです。

・体温をあげる

体温が低いと基礎代謝は低下します。体をあまり動かさない生活、朝食を食べないことや、無理なダイエットを繰り返すのはよくありません。体がエネルギー不足を感じて、省エネモードに入り、エネルギーが消費されず太りやすい体になります。体温を上げるには、食事の前に運動するとよいでしょう。熱代謝が刺激されて脂肪燃焼量が多くなります。軽いストレッチがおススメです。

・温かいものを食べる

温かいものは熱を発生するので体温が上がります。香辛料や薬味を加えることで胃腸を刺激し、血行をよくして基礎代謝を高めることができます。

・朝食をかならずとる

エネルギーをため込まず代謝のよい体を保つためには、食事も1日3回きちんととりましょう。
また熱代謝は朝が最も高く、時間がたつにつれて低くなります。夜食を食べると太りやすいのはこれが原因です。夜遅くの空腹を抑えるためにも、朝食は必ず取るようにしましょう。
夕食後から就寝前にはストレッチなどの軽い運動をすることがおススメです。食後に軽い運動をすることで、睡眠中にたんぱく質の合成が活性化され、筋肉の増強と脂肪の燃焼が促進されます。

基礎代謝を高めて太らない体づくりをめざしましょう。

関連記事