2013.03.14

男が惚れる!エッチな電話のかけ方・5選


エッチな電話は、イマジネーションを掻き立てます。気になる男性を惚れさせたい!と思った時は、エッチな電話をかけてみましょう。

1.「今、お風呂なの」

お風呂に浸かりながら、電話をかけてみましょう。お湯を揺らすチャプチャプという水音や浴室でいつもより反響する声がお風呂に入っている姿を想像させ、男性のエッチな気分を高めます。

「お湯があったか~い」「ちょっと太ったかも」など、お風呂に入っている時に感じる素朴な感想も無邪気に口にしてみて。言葉自体はエッチではないけれど、お風呂というシチュエーションで言うことによって男性の妄想も膨らみまくりです。

2.「周りに聞こえちゃうから小声で話すね」

親や周りにいる友達に隠れて電話をしているというシチュエーションで電話をかけ、ちょっとした二人の秘密を演出します。

「周りに聞こえてはいけない」というドキドキ感を共有し、小声で話すことによって時折吐息混じりになる声がセクシーさを醸し出します。

3.「今日、下着買いまくっちゃった」

下着姿を連想させる言葉です。男性は必ず、「どんな下着買ったの?」と聞いてくるはず。買った下着の内容を詳しく話していきましょう。

おすすめは、情報を小出しにして、少しゆっくり話していくこと。ゆっくりとした口調そのもののセクシーさと、情報を小出しにする事による焦らし効果、更に下着について話す際の恥じらいを感じさせることも出来ます。

4.「さっき裸になってボディチェックしたの」

ボディーチェックをひそかにしている女性は多いと思いますが、普段は恥ずかしくて言わないこともわざわざ口にすると男性は妄想を膨らませます。

コンプレックスは、男性のエロスを掻き立てます。あえて言葉にすることで彼の妄想の精度が高めてしまいましょう。

5.「どういうキスが好き?」

電話が盛り上がり、直接的なエロトークが出来る時には、思い切って過去の恋愛経験について聞いてみましょう。

「元カノとはどうだった?」「最近キスした?」などソフトな話題から好みのセックスについてまで、お互いに話してみることで、「この子と付き合ったらこんな感じかな?」などと想像させることが出来ます。お互いの好みの共通点を見つけて、さりげなく相性の良さを匂わせておくと、相手のエロ好奇心を更にそそります。

おわりに

いかがでしたか?電話は、相手の顔が見えないため、声の雰囲気、声の大きさ、間などで相手の状況を探ることになります。見えない分、想像力が豊かになるので、エッチな妄想を掻き立てるのにぴったり。気になる彼に電話して、彼を惚れさせちゃいましょう。

(内野彩華/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事