2013.04.16

トラブル知らずの春肌の作り方


みなさん、こんにちは。美容家/ビューティコンサルタントの斎藤可奈子です。

どんなに可愛くメイクを頑張っても、ベースのお肌が荒れてしまっていては台無しですよね。
でも季節の変わり目の今の時期、お肌はとても敏感になり、肌荒れやかゆみなどの肌トラブルに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな春の肌トラブルが起こってしまう理由と、トラブルを撃退する方法をお教えします。

どうして、春は肌荒れが起こってしまうの?

もともと、春先は一年のうちでもっともお肌の調子が不安定になりやすい季節。三寒四温で自立神経が崩れやすくなり、気候の変化に対応するために、肌も皮脂や汗の分泌を増やして活発になります。その影響をしっかり受けてしまうので、春先のお肌はとても不安定でトラブルが起こりやすいのです。

さらに年々増えている花粉症。
花粉症は、花粉による刺激をアレルギーの一種として受け取り、身体が過剰な反応をしめしている状態です。当然、お肌も花粉の影響を受けてしまいます。
杉の花粉はだいぶ落ち着いたようですが、まだまだヒノキやブタ草などの花粉もこれからですね。

お肌はどうなってしまうの?

本来、お肌はバリア機能を持っています。バリア機能というのは、外部からの刺激が侵入するのを防ぐ機能と、お肌内部の水分を逃さない機能のこと。

お肌の表面を覆っている皮膚がコーティングの役割を果たして、お肌全体を守ってくれています。お肌状態が良いときは、バリア機能が正常に働いているということなのです。

バリア機能が高い健康なお肌ならば、花粉の侵入もある程度は防ぐことができます。
ですが、季節の変わり目でお肌状態が不安定なときは、バリア機能も低下しています。
本来、外部からの刺激をブロックする役割を果たすバリア機能が正常でなくなると、花粉のような刺激物質が侵入してしまうのです。
バリア機能が乱れていると、水分も蒸発しやすくなるので、肌がカサカサと乾燥した状態になってしまいます。

では、どうすればいいの?

そんな春の肌トラブルを防ぐための最大のポイントは、「角質層を正常に保つ」ということです。
そのためには、お肌に対する刺激を極力少なくすることと、角質層の水分を十分に保ちバリア機能を正常に保つことを心がけたスキンケアが大切になってきます。

まずは 、クレンジングと洗顔によって、お肌の表面に付着した様々な刺激物をきれいに取り除きます。
お肌表面に付着した刺激物というのは、汗や皮脂、空気中のチリ・ホコリ、雑菌、 排気ガス、メイクアップ料、花粉などのアレルギー物質、そして最近問題の化学物質を含んだ黄砂やpm2.5など です。
こういったお肌についた余分なものを取り除き、お肌に与える刺激を極力少なくすることが大切です。

具体的なスキンケア方法は?

■クレンジング
クレンジングは、日中乾燥や外気からお肌を守ってくれているメイキャップ料をしっかりと落とすことが目的です。まずは、お肌からしっかりとメイキャップ料を落としましょう。メイキャップ料が浮いてくるまでしっかりと馴染ませることがポイントです。

■洗顔
洗顔は素肌を洗うことが目的です。洗顔のタイプにもよりますが、ポイントはキメ細かい弾力のある泡で洗うことです。そうすることによって、お肌のキメの部分まで泡が行き届き、しっかりと皮脂や汚れを落とすことができます。また、体温に近いぬるま湯で洗うということも大切です。

■保湿
洗顔の後は、お肌はとても無防備な状態です。 バリア機能も低下しているため乾燥しやすくなっています。まず、お肌が乾燥してしまう前に化粧水でたっぷりと水分を補給するとともにお肌を整えましょう。基本化粧水を付ける際はコットンを使用すると、お肌に満遍なく化粧水が行き渡ります。そのあと美容液・乳液・クリームなどで、 水分を逃がさないように潤いの膜をはってお肌を保護し、保湿対策をしっかりと行なうことでバリア機能を正常に戻してあげましょう。またクリームを使用する場合は、手のひらで少し温め、体温に近づけてあげるとお肌へのなじみがさらによくなりますよ。

おわりに

特別なお手入れをするよりも、日々の基本的なケアがしっかりとできていれば、お肌は春のトラブルにも対抗できるように強くなります。
ベースのお肌もキレイにして、メイク映えのするトラブル知らずのお肌を手に入れましょう!

(斎藤可奈子/ハウコレ)

関連キーワード

関連記事