2013.05.09

年上女性に学ぶ「モテ術」5選

美魔女ブームやら年下婚やら、昨今はいわゆる熟女世代の女性がもてはやされているように見えます。実際、筆者(アラフォー)の周辺でも30代後半~40代の女性は、同じ環境にいる20代女子よりも男性にチヤホヤされ、モテている話をよく聞きます(もちろん筆者もモテています・笑)。

モテているといっても、同年代のいわゆるオッサン世代にモテるだけではありません。年輪を重ねるほどターゲットが広くなり、下は20代から上はアラフィフまで幅広く愛される様子は、20代女子のモテ方より1枚上手といった感じ。

もちろん、大人の女性がすべてモテるわけではありません。それなりの恋愛経験や自分を高める努力があってこそ、魅力的な年上女性になれるのです。年齢や経験値では太刀打ちできませんが、20代女子でも取り入れられるエッセンスはあるはず。

果たして、愛される年上女性ならではの魅力というのはどんなものなのでしょうか?今回も趣味と実益を兼ねて、現役モテ男子連中にリサーチしてきました!

1.大人ならではの包容力

「一番いいのは気取らなくていいところ。だってがんばったところで『可愛い』だもん(笑)等身大のオレを受け入れてくれるのはすごく楽」(25歳・会社員)
他にも「失態をおかしても笑って許してくれる」「仕事の大変さをわかってくれる」といった声が。

経験を積めば当然ながらアクシデントにも強くなりますが、むしろ学ぶべきスキルは「ちょっとのことでは揺らがない大きな愛情」かもしれません。

2.年上ならではの経済力

「ぶっちゃけお互い仕事しているならデートは折半にしたい。結婚を視野に入れる相手ならなおのこと、お財布事情を考慮して『ここは私が出すよ』って言ってくれるのってすごく愛情感じるよ」(26歳・フリーター)

「持ちつ持たれつ」のスピリッツを発揮するのは何も相手が年下とは限りません。若いうちに経済力がないのはお互い様。無理をさせないデートの提案など、お金を出す以外の気遣いから見習ってみては。

3.マナーやしきたりを重んじる古風さ

「食事のしかたやTPOをわきまえるのって常識だと思うんだけど、若い子だとできないことも多いよね。スマートに振る舞える大人の女性はやっぱ尊敬する」(30歳・会社員)

人と違ったことをするのを個性だと思うのは勘違い。常識はずれなことをして彼氏に「並んで歩くのが恥ずかしい」なんて思われないようご用心。

4.自分のセクシーさを知っている

「ボディタッチが大胆だったり、さりげない仕草にオトナの色気を感じますね。セクシーさを隠さず出せる年上の彼女にハマってます」(30歳・アパレル)

適度に恥じらうのはいいですが、ずっと受け身のままで彼任せにしているのはNG。ふたりだけのスキンシップに「参加する」気持ちを行動で示して。きっと彼も喜ぶはず。

5.年上ならではの心遣い

「普段はリードしてくれるけど、部屋でふたりきりのときは甘えてくる。そのギャップが愛しく思える」(33歳・広告関係)

「会計のとき、レジでワリカンにするんじゃなくて、先にテーブルの下でこっそりお金を渡してくれた先輩女性。その配慮に惚れた」(23歳・大学院生)

どちらもすぐ真似できそうなことですよね。しかし小手先のテクとして取り入れるのではなく、本当に彼を立てる気持ちがあってこそ。

まとめ

実際に年上女性とつきあっている男子&年上好きな男子たちの意見を聞いて思ったのは、必ずしも「年齢が年上だから」という理由ではないということ。大人の女性として身につけた振舞いや愛情表現が、男子たちのハートをくすぐるのでしょう。

いい恋愛をするのに年齢も経験値も関係ありません。大事なのは好きな人を思いやる気持ち。見た目は若さで勝負、かつ心が大人になれば、あなたの恋愛スキルは格段にアップすること間違いなし!

(島田佳奈/ハウコレ)

関連記事