2013.06.23

大ニ病女子のブログにありがちなこと


大学二年生は色々と自分をこじらせる時期です。不確かな自分を少しでも繕うために、キラキラとしたブログを更新しなければなりません。

今回は、大ニ病女子のブログにありがちなことをご紹介したいと思います。

1.仲の良い友達と〇〇会を発足

いつも登場する学校の仲間や友達と、〇〇会やチーム〇〇を発足しがちです。いつものメンバーと意味もなく、ただ楽しんでいることをお届けしてくれます。もちろん、「チーム〇〇☆」というラクガキが踊るプリクラをブログにアップすることも忘れません。チームが多ければ多い程、リアルが充実しているように見えるので結成ラッシュが起きることもしばしば。忙しくするのが大好きなのです。

2.スタバカップ写真選手権

スタバに行けば、必ずカップを斜めに撮って報告してくれます。どんなトッピングをしたのかという情報だけでなく、カップにマジックで書かれた店員さんからの粋な計らいも必ずピックアップしてくれます。新作が出れば、味のレビューも欠かさないので助かります。

3.パンケーキ大喜利

「今日は〇〇のパンケーキを食べた、今度は〇〇のパンケーキを食べるうぃる」。大ニ病女子は、パンケーキを主食とし、有名店とあらば何時間も並んで食します。まるでガソリンを入れるように定期的に食べなければいけないのです。どんなパンケーキを食べたのか、もはや大喜利です。見ているとイマイチ違いが分からないものもありますが、次はどんなパンケーキを誇らしげに紹介してくれるのか、毎回楽しみにしています。

4.キラキラ超映画批評

大ニ病女子にとって映画に触れることは大事です。ただ友達とチームを組み、スタバに通い、パンケーキを食べてるだけではなく、文化を楽しめると言う側面も見せなくてはいけません。「プラダを着た悪魔」「ゴシップガール」「ショーシャンクの空に」の批評は必修課題です。これらの感想をブログでアップし、さらに自身のライフスタイルにもそれを落とし込んでいくことで大二病女子はどんどん進化を遂げるのです。ワンランク上の映画好きをアピールしたいときは、「シェルブールの雨傘」「ファッションが教えてくれたこと」などファッション性の高い作品を上げると効果的です。

5.美術館放浪記

大ニ病女子は、美術館が大好き。その画家のことをひとつも知らなくても、芸術を楽しもうとするセンスがあります。手っ取り早く知性アピールをするためなんかじゃありません。行ったという事実が大事なのです。そこでの「〇〇の絵って、懐かしい気持ちになるよね」という分かったような分からないようなふんわりコメントと共に、美術館で買った画集の写真をトイカメラ風に加工してアップするのが通例でしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

何かとネタのされる大二病ですが、それも成長の過程です。大ニ病女子はとにかく大忙しで、更新も大変です。キラキラしていないと、リア充っぽくしていないと周りから取り残されてしまうかも知れないと言う恐怖と戦っているのです。優しくしてあげましょう!

(白武ときお/ハウコレ)

関連記事